【出産後の手続き】娘の代理(母)で出生届を提出 必要なものは?

昨年の春、コロナウイルス感染症が日本全国で緊急事態宣言中に生まれた孫。病院にも行けず会えたのは退院してからでした。

19歳で出産をした娘はまだまだ世の中の事を何も知りません。妊娠から出産まで手続きのことは私がいろいろしてあげました。

出産してからもそれは私の役割です。

まず子どもが生まれたら手続きすること

出産育児一時金

・出生届

・児童手当金

・健康保険の加入

・子ども医療助成

娘の夫は当時20歳。娘と同じでまだ世間のことは何も知らないし、そして仕事もしていましたので、代わりに祖母の私が出生届を出しに行くことにしました。

今回は、出生届、児童手当、子ども医療助成の手続きの流れ等、私が実際手続きに行き経験したことをご説明したいと思います。

準備しておくこと

前準備として、私も仕事をしてるので、何回も足を運ぶのは大変なので、必要な書類等を調べました。

※提出する市役所のホームページで「出生届」を検索して、持っていくものなどは調べていました。

娘が退院をして、その時に出生の証明書と出生届(一体)の用紙を産院から頂きました。

左側が出産をした病院が出産を証明する出生証明書になっています。

この用紙の右側が出生届となっていて、子の名を記入し、そして父、母が記入する欄があります。世帯主を記入する欄もありました。昨晩、娘の夫もいたので、一緒に調べながら記入をしました。

記載例がないのでこの書類だけ渡されてもなかなか書き方がわからない・・・。筆頭者が手続きに行ければ、窓口で聞いてその場で、訂正もできるのですが行けるのは私だけなので、ネットで調べてなるべく訂正がないように慎重に書きました。

そして、出産後6日目に住民票がある市役所にいきました。

出生届に必要なもの

・出生届書 1通 (届出人の署名押印されたもの)
※出生届書(右側の出生証明書部分を記載してあるもの)は病院等で交付されます。

・届出人の印鑑
※代理の方がお越しの場合は代理人の印鑑が必要です。

・母子健康手帳

 

出生届に持って行ったものは以上です。

 

何度も見返して確認をしましたが、やはり訂正がありました。その時には届出人の印鑑を押して訂正ができます。なので、代理で行かれる場合は必ず届出人の印鑑を借りてから行ってください。(※訂正がある場合は印鑑で訂正ができるからです。)

窓口で出生届を出して、母子手帳を一緒に預けます。しばらくすると、手続きが完了し、母子手帳にも出生の証明がされました。これで戸籍登録が完了です。

児童手当の申請

出生届を提出した窓口で続けて児童手当の申請をしました。

窓口で案内をされるので、私(代理人)が記入してよいということだったので、その場で私が全て記入しました。

ただ、児童手当の申請は、振込口座の情報が必要で、そこまで聞いてきていればよかったのですが、私は残念ながら口座までは確認してなかったので、そこの部分だけ空けて、提出をしました。後日で大丈夫ということでした。振込の口座情報を聞いていればここで完結していたのですが・・・。

例えば、児童手当の振込は、私の孫の例でいくと、4月生まれなので、5月分から支給が始まり、6月には5,6月分がまとめて振込開始だそうです。

ちなみに児童手当は2月、6月、10月に4ケ月分がまとめて指定した振込口座に入金されます。

児童手当の申請に必要なもの

・産まれた子の父、母、子の個人情報・・・住所、生年月日、保険(国保、健保)の種類等

・児童手当を振り込む口座の情報

子ども医療費受給資格登録

子どもも医療費の助成制度です。

この制度の内容は自治体によって医療費の負担金額や助成される年齢などが違います。

この手続きは、子どもの保険証ができたら手続きに来てくださいとのことでした。

ちなみに、生まれた子どもは娘の健康保険に加入するので、市役所での国民保険の手続きはしていません。勤め先の会社で手続きをしてもらいます。

まとめ

出生届は出生の日から14日以内に届け出をしないといけません。出産前に誰が行くか決めておくと出産後スムーズにいきそうですね。

そして今はインターネットで簡単にいろんな情報がわかるので、前もっていろいろ調べて、出産後やることを明確にしておきましょう。

出生届の手続きに行くと児童手当の申請や健康保険のことなど、窓口で案内していただけるとおもうので、代理で行かれる方は子どもの両親の情報は詳しく聞いて控えて行きましょう。

 

お問い合わせ

    【パート勤務】出産手当金「いつ」「いくら」もらえる?

    私の娘のことですが、先日待ちに待った、出産手当金の支給決定通知書が届きました。

    まだ20歳になったばかりの娘は貯金もありませんし、娘の月々の支払い(自動車保険や自動車のローン等)の足りない分は私が補填していました。なので早く出産手当金が振り込まれてほしいと思っていました。

    ネットで調べるていると出産から早くて3ケ月後とみかけることが多くて、長いと4~5ケ月という書き込みをみました。遅い、遅すぎると不安のなか、ようやく決定通知書が届いたと娘から連絡がありました。

    出産から申請までどれくらいの期間で、いくら振り込まれたのかみてみましょう。

    出産手当金について

    出産手当金とは

    出産のために会社を休み、給与の支払いが受けられない場合に健康保険から支給される手当金のことです。

    支給対象者は

    支給の対象者は、出産日前42日(双子以上の多胎であれば出産日前98日)から出産の翌日以後56日までの範囲に会社を休んだ健康保険加入者です。この期間に休んだ日数分が支給対象です。※健康保険加入者でないなら、支給されません。

    支給額(計算方法)

    ・1日あたりの金額 

    支給開始日以前の継続した12ケ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日☓3分の2

    ・出産手当金

    対象期間☓1日あたりの金額=支給金額

    出産から申請・振込までの期間

    出産は4月21日です。

    申請したのは会社から書類が届いてすぐ出しました。5月の10日~15日の間くらいだったと思います。

    振込日は7月6日でした。

    出産日から振込みまでは2ケ月半ですね。まあまあ早かったのかなと思います。

    金額はいくら?

    自分で、計算方法に当てはめて計算するか、もしくはネットでも簡単にシュミレーションができ、いくらもらえるかすぐわかります。

    現に私も計算式に当てはめて計算しましたが、若干数字が違ってました。ネットでしてみたら決定通知書通りでした・・・。

    標準報酬月額:142000円 支給期間:98日 支給額:約308994円

    自分で計算するよりもシュミレーションに入力した方が確実で、しかも早いですね。

    標準報酬月額出産予定日or出産日(出産まだの人は予定日、出産された方は出産日)、それがわかればすぐ計算ができます。

    ちなみに標準報酬月額は下記リンクを参考にしてみて下さい。私の娘は全国健康保険協会(協会けんぽ)の被保険者なので協会けんぽより振込がありました。

    https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1962-231/

    (協会けんぽHPより)

    ちなみに、娘はパートですが、勤務時間が長いので社会保険がありました。パートなのでもちろん時給で働いた分だけです。妊娠中は具合が悪く、休む日も多く早退もして、給与は本当に少ない月も多々ありました。そんな中でも社会保険料はⅠ年間変わらず天引きされます。手取りは少なくなりますが、出産手当金は標準報酬月額で計算されるので、今となっては良かったと思います。

    ただ、この後の給付予定の育児休業給付金は少なくなると思いますがそれは仕方ないですね・・・。

    まとめ

     

    出産手当金の給付対象者は、会社の健康保険の被保険者(本人加入)であれば、正社員である必要はありません。アルバイト、パート、契約社員でも会社の健康保険の被保険であれば給付対象です。

    出産手当金がいつ振り込まれるかは会社の提出次第でしょうか。または、健康保険の手続きをされるところの処理状況も関係あるかもしれません。

    娘が勤務している会社は社員数も多く、総務課もあります。妊娠中から出産までの育休や給付金など細かくサポートやアドバイスを頂きました。きっと書類も早く提出してくださったのだと思います。いつ振り込まれるのか気になる方は、おしえてくださるかどうかはわかりませんが、会社(申請をされるところ)に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    給付される時期ははっきりわかりませんが、長期化されるのを前提に、お金が入ってこない時期の分の準備が必要ですね。

    金額は、ネットで『出産』『給付金』『シュミレーション』など検索したらいくつかでてきますのでお試し下さい。

    次は出産休業給付金が支給されるので、また追ってお知らせいたします。

    お問い合わせ

      【祖父母からみた初孫のお宮参り】について誰が決める?流れは?服装は?

      初孫のお宮参りですが、どうしていいか全くわからず、ネットでもいろいろ調べながら行いました。
      わが家のお宮参りの場合ですが少しでも参考になればと思い私たちはこうしましたという事をを書きたいと思います。

      私と夫、相手方の親御さんも40代半ば。娘夫婦は20歳、21歳。赤ちゃんは男の子。

      お宮参りとは

      お宮参りとは、初宮詣(はつみやもうで)ともいい、住む土地の氏神様に赤ちゃん誕生のご報告と健やかな成長を祈願する、誕生はじめての行事です。
      お宮参りの時期は、男の子は生後31日目、女の子は33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
      また、寒冷地の真冬や、猛暑厳しい真夏にお生まれになった場合は気候穏やかな季節にずらしたりもします。
      必ずしも日数を守る必要はありません。
      赤ちゃんの体調もあるでしょうし、母親の体調も考慮して行うといいでしょうね。

      誰が仕切る?夫側?妻側の両親?子の親?

      私もこれは悩みました。そもそも、私は娘を嫁がせたので、夫側の親御さんにすべて仕切ってもらうほうがいいのかなとも考えました。ネットでいくつか調べてみましたが、夫側のご両親が仕切る事が多いみたいですね。でも両家の考え方の違いなどあるようで、どちらがということでもないようです。両家が話し合ってとかもありましたが、なかなか難しいところですよね・・・。
      本人たち(赤ちゃんの親)が仕切ってくれるのが一番いいのですが。私の娘夫婦はまだ20歳そこら・・・。結局、何もわからないからとなんでも相談されてしまう始末でした。いろいろアドバイスをしていましたが、結局、娘の夫側の親御さんが段取りはしてくださったので助かりました。もちろんこちらに日時や大まかなことは相談してもらいながら計画をしました。

      神社へ予約の問い合わせ等もあちら側の親御さんがしてくれました。

      お宮参りの参加者

      お宮参りの参加者は誰と行くのでしょうか?
      一般的には、赤ちゃん、父母、祖父母でしょうか。
      昔のお宮参りは赤ちゃんの父親と父方の祖父母でお参りするものでした。
      昔は、お産は赤不浄(あかふじょう)で、穢れ(けがれ)とされており、穢れのある時は神域である神社への立ち入りができないとされており、産後間もない母親を気遣い、参加できなかったのです。
      赤不浄とは・・・出血を伴う出産や月経を穢れ(けがれ)としていました。
      しかし現代では双方の祖父母が参加したり、両親の兄弟も参加したりする家族が集まるイベントという感じで、両家揃ってのお宮参りが多いのではないでしょうか。

      わが家でも、赤ちゃん、娘夫婦、それぞれの両親と、私には中学生の子がいますのでその子も参加させました。

      お宮参りの赤ちゃんを抱っこする人

      一般的には子の父親側の母親かなと私は思っていました。
      わが家ではなぜか私(赤ちゃんの母親の母)が抱っこしました。相手側のお母さんがそう言われるので、遠慮なく抱っこはしたのですが、途中からは赤ちゃんがぐずったりするので、娘がずっと抱っこしていました(笑)。

      こんな感じで、まあ誰でもいいのかなと思いました。もちろん相手側の親御さんとの関係を悪くしない程度で、赤ちゃんを抱っこしたらいいのかなと思います。

      神社に支払うお金は?

      神社に払うお金は初穂料または玉串料と呼ばれ、5,000円~10,000円が相場です。今回は娘の夫の親御さんが支払われました。おそらく5,000円だと思います。

      服装について

      パパは、ほとんどの方がスーツで参加します。ママは着物、スーツ、ワンピースなどさまざま。赤ちゃんには祝い着と呼ばれる衣装(産着、初着、掛け着とも)やベビードレスを着せるのが一般的です。

      ・赤ちゃんの服装

      白羽二重に祝い着がしきたりですが、現在はベビードレスの上に祝い着を着せたり、ベビードレスのみで参加したりすることが多いようです。

      祝い着は着せるというよりも、赤ちゃんを抱き、抱いた人の上から掛けて使用するものです。赤ちゃんの首の後ろに掛け、抱いた人の肩と脇にひもを通して首の後ろで結びます。

      男の子の祝い着の色は黒、グレー、青、白。柄は鷹や兜、龍が一般的のようです。

      女の子の祝い着の色はピンク・赤・黄色・水色で、柄は鞠や鈴、花車がおすすめです。

      わが家の孫は男の子で、衣装は相手方のお母さんのお知り合いから借りました。セレモニードレスにグレーっぽい色の祝い着でした。

      ・お宮参りの両親・祖父母の服装

      服装にも厳格な決まりはありませんが、赤ちゃんの服装の格に合わせ、神様に失礼のない服装を選ばなければなりません。
      現にお宮参りに行った時には、案内看板に“おはらいは正装でお願いします”というようなものが入り口にありました。

      体に負担をかけず、着心地が良くて見栄えにもこだわりたいならワンピースがいいと思います。娘も最初は黒のワンピースを切る予定でしたが、似合わないと言い出し、白っぽいシャツと黒のプリーツスカートを着用しました。

      セレモニースーツなどもいいと思います。

      赤ちゃんの父親は、スーツでした。

      私は黒のセレモニーワンピースのようなものを着ました。相手側もそうでした。
      私の夫はスーツです。

      がちがちの正装ではなかったのですが、ある程度の品格をもてる服装でいきました。ただこの日はとても暑かったので私の夫は、クールビズのような感じにはなりました。

      お宮参り当日の流れ

      お宮参りでは、神社で祝詞(のりと)をあげておはらいしてもらうことができます。

      一日の流れは、まずお宮参りを行い、その後に記念撮影やお食事会を開催するのが一般的でしょうか。
      赤ちゃんと、母親の体調もあるかと思います。

      わが家では

      ① まず参拝
      ② おはらいの受付をする
      ③ 祝詞をあげておはらいをしてももらう
      ④ 神社で記念撮影

      神社で行ったのは以上です。

      食事会は?記念写真は?

      コロナウイルス感染拡大の状況でしたので、お宮参りの後の食事会は辞めておきましょうということも両家で話し合って決めました。次回の行事の時に状況が良ければ行うようにしました。
      相手方の親御さんが食事会ができないならと、仕出し屋からお弁当やお酒を用意してくれていました。これは知らなかったのですが、心遣いに感謝しました。
      記念写真は神社で写真を撮っただけで、写真館に行って写真を撮ることまではしませんでした。

      まとめ

      いかがでしたか?
      結局、昔みたいなしきたり通りではなくていいということですね。
      双方の家族が話し合って決める事が1番いいのでしょうが、相手方の考えが違っていたりしたらもめますよね(笑)

      お宮参りでは、お金を私たちは出していませんが、衣装は夫側のお母さんが借りて下さったので、その衣装を借りた方へのお礼は私のほうでしようと思っています。

      お互いが譲るところは譲り、話し合いをしながら決めていくのが大事なのかなと思いました。

      私は娘を嫁がせたので、なるべく相手側の方に合わせるようにしています。あまり自分の気持ちを強調しないように(笑)。娘もお姑さんとは今のところは仲がいいので、よく話はしているようです。なので、決めているのはお姑さんと娘夫婦中心という事ですね。お姑さんが案を出して、娘夫婦たちがそれでいいという感じで進んだみたいです。

      これからの行事もおそらくこんな感じで決まっていくと思います。

       

      お問い合わせ

        ママ必見!しまむら【バースデイ】ベビーから子供まで豊富な品ぞろえ

        先日、しまむらグループのベビー・トドラー用品の専門店「バースデイ」が近所にオープンしたので行ってみました。

        「バースデイ」の公式ウェブサイトには“出産から子育てまで満足感をもって利用できる店舗を目指しております。”とありますが、どのようなグッズがあるのかオープンセールもあってますし、娘がおむつを買いたいからというので、私も一緒に行ってみることにしました。

        しまむらグループの「バースデイ」どんなお店?

        プチプラでおなじみの“ファッションセンターしまむら”こと、しまむらグループのお店です。

        日本全国に297店舗あります。おそらく47都道府県にお店はあります。詳細はバースデイのホームページで店舗情報が確認できます。

        ファッションセンターしまむらが全国に1432店舗ですが、バースデイは297店舗なのでしまむらに比べたら店舗数は少ないです。

        ≪参考≫

        店舗数(しまむらグループ)
        しまむら:1,432店舗
        アベイル: 319店舗
        バースデイ: 297店舗
        シャンブル: 93店舗
        ディバロ: 17店舗

        主にベビーから子供までの衣料品やグッズ、おもちゃなどが多種多様、販売されています。

        どんな商品があるの?

        新生児・乳児

        新生児の肌着・服・小物・雑貨・食事用品・衛生雑貨・ベビーカー・チャイルドシート・抱っこ紐・寝具・室内用品

        マタニティ

        マタニティインナー・マタニティ用品

        ベビー(80~95センチ)

        子供服・肌着・パジャマ・服飾雑貨・生活用品

        キッズ・ジュニア(100~150センチ)

        子供服・肌着・パジャマ・服飾雑貨・通園/通学用品・生活用品

        オンラインはあるの?

        残念ながらオンラインはないようです。店舗での購入しかできません。

        現金以外の支払い方法は?

        クレジットカード(翌月1回払い)、しまむらグループ共通商品券、しまむら商品券、バースデイ商品券、シャンブル商品券・株主お買い物券でのお支払いが可能。

        ご利用可能なカード会社は下記となります。(カード裏面にご署名のあるカードのみご利用いただけます)
        VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERS・UC・UFJ・NICOS・Orico

        ポイントカードについて

        ポイントカードがあります。レジでお伺いがあり、これからも利用するので、娘はバースデイのポイントカードを作っていました。

        実際にいってみた感想

        私が行ったお店はまだオープンしたばかりで、店内も広くて様々な商品がたくさんありました。

        出産準備もここだけでそろえることができると思います。孫はもう生まれてしまいましたが、出産前に「バースデー」があったらここでほぼ全部購入したと思います。それくらい品揃えはすごいです。実店舗ではないからインターネットで購入したベビーラック&ロッキングチェアも欲しいデザインのが実店舗ではなくて、インターネットでも売切れていたりしてやっとみつけて購入したのに、バースデーにいくとあるではないですか!!しかも見たことないかわいい他デザインも多数ある💦

        赤ちゃん用品に関しては、本当に種類がたくさんあり、洋服や、寝具関係もかわいいものが多い。おもちゃもたくさんありました。(赤ちゃんのところだけを見て回ったので、赤ちゃんのとこだけの感想ですみません)

        気になるお値段も安いと思います。大好きなディズニーもありました。

         

        まとめ

        思っていた以上に品揃えがよくてびっくりです。今までこういうのが欲しいなと思っていても、ネットでも実店舗でも見つけることができず、あっても値段が高かったりするのであきらめていましたが、バースデーに行くと「これ欲しかったやつ!しかも安い!!」という商品がたくさんありました。

        赤ちゃん子供関係はここで本当にそろえることができると思います。感動すらおぼえました。ぜひ子育てママは行って欲しいです。おすすめです!!

         

        お問い合わせ

          陣痛から出産までの時間や状況

          先日、記事にも書きましたが、娘は4月に出産をしました。初産です。予定日よりも2日遅く出産をしました。出産時の新生児の体重は3300gです。前日は2800gと聞いていたので出産したら3300gだったのでちょっとびっくりしました。今回はそんな娘の出産の時の状況を聞いて書きたいと思います。

          出産1日前の状況

          まず予定日の次の日が健診日で、子宮口が3センチ開いているけれども、陣痛(張り)が全くきていないということで、陣痛促進剤を使うか、陣痛がくるのを待つかということを言われたそうです。この時の娘の状態では8割は陣痛がきてもおかしくない状況だということでした。

          この日の前日に、ドロッとしたおりものが出たと娘は言っていたのですが、血は混じっていなかたのでおしるしではなかったのかなとは思います。

          私も2人子どもを産みましが、陣痛促進剤は使用したことがなく知識もないので、なんとなく不安もあり娘と話し合った結果、促進剤は使用しないで陣痛を待つことにしました。この時は胎児も約2800gと聞いていたので、まだ陣痛がこなくても大丈夫かと思って促進剤は見送ったわけです。

          出産当日の状況

          そしてその翌日、私は仕事に行っていたのですが16時過ぎに娘からLINEがきてお「腹が少し痛いけど、お腹が張る時間(間隔)がバラバラで10分おきではない」ということ。

          病院からはお腹の張り(痛み)が10分間隔になったら連絡をするように案内されていて、娘はバラバラの間隔だったので、もう少し様子をみてみるということでしたが、それから30分後くらいに今までと痛み(張り)が違うから陣痛かもというLINEがきました。私が17時まで仕事だったので、急いで帰宅をしたらやっぱりお腹が痛いということなので、病院に電話をかけたら入院の準備をして、すぐに来てくださいという返事だったので、入院の準備は予定日の1週間前くらいにはバッグに詰めていて入院の準備はできていたので、すぐに私の運転で病院に向かいました。

          病院に着いたのは18時少し前でした。診察を受けて、お腹が張っているのでこのまま入院ですと看護師さんに言われました。

          新型コロナウイルス感染予防のため、病院の中には、出産から面会まで家族の中の1人限定とされていたので、娘の夫に決めていたので私はもうこれ以上は行けないので、娘の夫が来るのを駐車場で待って交代しました。

          そこからは何もわからない状態で、娘の夫からくるLINEの連絡待ちです。陣痛が進んでいるのかもわからないし、心配で心配で気になって、晩御飯もあまりはいりませんでした。初産でもあるし、今日は生まれないかもしれないなと思いながらも、21時頃くらいにどんな状況かだけでも知りたくて、娘婿にLINEをしたら、子宮口は4~5センチ開いてきていて陣痛もすすんでいるとのこと!

          そしてそのすぐ後、21時30分頃にLINEがきて、さっき分娩室に入りましたと!!は?早すぎじゃない・・・と思いながらも、いよいよかと待っていたら、21時58分に誕生!!

          早すぎてびっくりしましたが、無事に産まれてきてくれて安心しました。

          陣痛の痛み、陣痛の時間は?

          私も2回は経験している陣痛・・・。1人目は確かに、陣痛の時間も長くて、お腹の張りもきつくて痛かったのですが、お腹の痛みよりは私は腰がとにかく痛かったことしか覚えていません。

          ずっと旦那さんに腰から背中をさすってもらったのは覚えています。母子手帳には陣痛の時間は12時間とありました。

          娘はというと陣痛の時間は6時間・・・。やっぱり早いですね。痛みは腰というよりもお腹の張りの痛みが強かったらしいです。あと1時間、陣痛が続いていたらもう気を失いそうなくらい陣痛は痛くて、つらかったと言っています。

          退院の日

          出産の日を除き5日目で退院をしました。体調が良ければ、早く退院していいということで、娘の血圧はちょっと高めでしたが、血圧の漢方薬をもらって1日早い退院となりました。

          午前中には退院して帰ってきました。そこで初めて孫と対面しました。出産時の体重が3300gもあったので、しっかりした赤ちゃんでした。

          まとめ

          娘は病院に行くまでは、おしるしはありませんでした。病院に行く前も、陣痛も10分間隔にはならず5分だったり、17分だったりで間隔はバラバラでした。でも病院に着く前にはお腹はかなり痛いとは言っていました。そして陣痛の時間は6時間だったと後で聞きました。若いからかもしれませんが、陣痛から出産のスピードはびっくりしました。

          何がいいたいかというと、個人差があるんだなと改めて思いました。私は本格的な陣痛が来る前に、おしるしがあったり、破水したりとまあまあの一般的な出産目前の目安があったのですが、娘はいきなり陣痛だったので人それぞれなんだと。産院が近かったからよかったのですが、遠くの産院なら心配になりますよね。

          なのでこれから出産を迎える方は陣痛かどうかわからなかったら、まず病院に確認をした方がいいですね。

          娘は初産でこんなに早く生まれたので、もし2人目の出産はもっと早く生まれる可能性があるので注意するように言われたらしいです。

          混沌とした大変な時期ですが、これ以上の感染が広がりをみせることなくすべての妊婦の方が安心して出産できるように願うばかりです。

          陣痛の時間も、痛みも人それぞれ違うと思いますが、陣痛がきたらもう産むしかないし、待ち望んだ赤ちゃんとの対面が待っていますので覚悟を決めて出産に臨んでくださいね。

           

          お問い合わせ

          [contact-form-7 id=”250″ title=”お問い合わせ”

          【出産後にすべき手続き 】出生届について

          子供が生まれた後、必要な手続きがいくつかあります。
          先日、私にも孫が誕生しました。この新型コロナウイルスの影響で私はまだ孫には会えていません。もうすぐ退院なので、その日まで会えるのを楽しみにしています。ま、今はスマホで写真も動画も簡単に送れるしそれで今は満足しています。
          さて、娘もその主人も若いので、出産にかかわるお金のことや、手続きは私が調べて、できることはやっています。

          出産後にすべきこと。まずは出生届の提出ですね。そして、児童手当、健康保険への加入、出産育児一時金、乳児医療費助成などでしょうか。今回は出生届を確認してみましょう。

          出生届の提出

          赤ちゃんが生まれたらまずは役所に行って出生届をしましょう。

          出生届とは、赤ちゃんを戸籍登録する手続きです。

          届出人

          父または母
          ※届出人が来庁できない場合も届出人の署名・父または母となります。
          ※届書を持参される方は代理人でも結構です。

          出期間

          生まれた日から14日間。
          国外で生まれた場合は、生まれた日から3か月以内。

          届出先

          生まれた子の本拠地、出生地、届出人の所在地

          必要なもの

          ・出生届書 1通 (届出人の署名押印されたもの)
          ※出生届書(右側の出生証明書部分を記載してあるもの)は病院等で交付されます。

          ・届出人の印鑑
          ※代理の方がお越しの場合は代理人の印鑑をお持ちください。

          ・母子健康手帳

          ※時間外(平日8時30分~17時15分以外の時間)・土曜・日曜・祝日に届出をされる方は、後日市民課窓口にお持ちください。

          以上は私の地区の市役所のホームページでの情報です。内容はほぼどこでも同じだと思いますが、時間外などは地区によっては違うかもしれませんので、詳細は住民票がある市町村のホームページで確認するか、もしくは電話をかけて尋ねれば教えていただけると思います。

           

          ※住んでいる地域で出生届が出せない場合

          出産を控えた女性は、里帰りをする人がほとんどです。例えば、県外から里帰り出産をした場合、自宅に帰るまで出生届を出さなくていいわけではありません。

          ・届出人の所在地(住所地の他、里帰り先の一時滞在地も含む)
          ・父または母の本籍地
          ・子供の出生地

          この3つのいずれかの役所で提出をします。他にも極端な話になりますが、出生証明書を自宅に送って、夫に出生届を出してもらうという方法もあります。

          出生届は、病院や産院で記入してもらう「出生証明書」と一体になっているため、病院や産院で用意されていることがほとんどみたいです。わからない場合は出産を定している病院へ確認してみて下さい。

          まとめ

          娘はもうすぐ退院なので、退院したらすぐに出生届を提出に行く予定です。(娘が出産した産院は、出生証明は退院時に渡すということでした)。通常はそうなのですかね。

          娘や婿は届を提出は難しいので、私が忘れないうちに出生届の手続きに行ってきます。生まれて14日以内なので、忘れないうちにやるべきことはやっておきます。

          お問い合わせ

             

            臨月をむかえ出産の兆候は? 入院のタイミングはいつ?

            娘は臨月に入り、あと10日ほどで出産予定日を迎えます。

            お腹もかなり大きくなっていますので車の運転の心配もあり、昨日、産婦人科の健診に付き添いで行きました。受付に行くと、「コロナウィルスの影響で、付き添いも院内に入れません。車の方でお待ちください」と言われ、車で診察が終わるのを待ちました。

            私が住んでいる地区は現状コロナウィルスの感染者はまだ全くいないと言っていいほどなのですが、仕方ないですね。出産してからも面会は1人とか限られた人のみだと聞きました。

            赤ちゃんは今のところは順調のようです。


            入院のタイミング

            次のような人は昼、夜問わず電話にて相談してくださいと産院から案内を頂きました。

            初めてのお産の方10分毎に規則的な陣痛(腹部全体が固くなり痛みを感じる)が始まった時。

            破水した時は清潔なナプキンを当てて、ただちに連絡してください。

            出血が月経の時より多かったり、急激な腹痛、めまい、強度な頭痛並びにむくみがあった時は早急に診察においでください。

            おしるしがあったらお産がそろそろ始まる合図です。あわてないでお産の準備品を確認して陣痛が来るのを待ちましょう。

             


            出産の兆候

            出産の兆候としては

            • お腹が下がってくる
            • 胎動を感じづらくなる
            • 陣痛(お腹が頻繁に張る)
            • おしるし
            • 破水

            などいわれています。


            まとめ

            娘はお腹の張りはあるし、胎動も少なくなっているということですが、まだお腹は下がってきてはないようです。産院でも、赤ちゃんはもういつ生まれてもいい状態だけど、まだ娘の方が出産の兆候がないということでした。

            しかし、もういつ生まれてもおかしくないので、いよいよかという時期まできました。私もドキドキです。自分の出産の事はあまりもう覚えていないのであまり娘にもアドバイスもできない状態です。13年前に次女を出産したんですがね・・・。

            入院の準備はもう出来ています。部屋ももう迎える準備はほぼ出来ています。

            覚悟はできているのですが、世間はこんな状況なので、付き添いもできるかどうか心配ですが今は無事に産まれてくれることを願うばかりです。

             

            お問い合わせ

               

               

               

               

               

               

              【春生まれ出産準備】入院時に必要な用品は?出産直前

              娘の出産まであと1ケ月になりました。そろそろ出産時にいるもの、赤ちゃんを迎える準備をすべてしなくてはいけないなと思い、購入したものをリストアップして、不足分を自宅近くの西松屋で購入しました。

              出産するときに必要なもの(出産入院時)

              出産予定の産院から入院時の心得と準備するのものの案内をもらいました。

              入院に必要なもの

              ・パジャマ(前あき)2~3枚       →約3000円(1枚の金額)

              ・ガウン等

              ・乳帯もしくはブラジャー         →約1000円(1枚の金額)

              ・タオル4~5枚、バスタオル4~5枚   →自宅にあるものを使用

              ・ガーゼのハンカチ4~5枚        →5枚セット約600円

              ・湯呑、はし、テッシュ1箱        →自宅にあるものを使用

              ・母子手帳

              ・産後(産褥)ショーツ2枚        →2枚セット約1000円

              ・生理用ショーツ2~3枚

              ・マグカップ1個            

              ・産後用コルセット           →産前産後用の帯 約3000円

              ・ナプキン

              赤ちゃん用、授乳用のもの

              ・退院時の赤ちゃんの服

              (用意しようと思うものは、おくるみ、セレモニードレスぼうし付き、肌着)

              その他あればよかったもの

              出産をする産院で準備するものは違うと思います。私自身が必要だったものをいくつかあげたいと思います。

              ・円座クッション(ドーナツ型のクッション)

              →理由は、出産後に普通に椅子に座るのが痛かったからです。これがあれば全然違います。

              ・搾乳機

              →おっぱいが張るので母乳を出すためです。母乳を出さないとおっぱいがすごくいたいのです。搾乳機を使うと簡単に母乳を出すことができます。

              この2つは入院中に私がどうしてもほしかったので夫や母親に頼んで購入しました。

              まとめ

              産院で準備してあるものももあり、出産が近くなるのと産院で案内があると思います。なので入院の為の用品などは、早く準備するのは待ったほうがいいかもしれません。病院によって準備されているものも違うと思うので、産院で準備するものを確認してからでも準備は間に合うと思います。

              娘の場合は出産2ケ月前頃に入院についての案内をもらいました。

              これはあくまでも我が家での準備品です。それぞれ確認をして準備してくださいね。

               

               

               

               

              お問い合わせ

                【出産育児一時金と出産手当金】とは違いは?申請方法は?

                出産の時にかかる医療費は健康保険の対象ではなく、全額自己負担となっています。

                妊娠・出産は病気ではないため健康保険の対象とならず、入院や分娩の費用が高額になってしまいます。 その経済的な負担を軽くするために健康保険から支給されるお金が、「出産育児一時金」です。

                もうひとつ出産手当金があります。どちらも公的保障です。

                出産育児一時金とは

                出産育児一時金とは、健康保険に加入している本人、または扶養家族が出産した時に1児につき42万円が支給されるものです。双子の場合は42万円の2人分なので84万円の給付になります。

                健康保険でいう出産とは、妊娠85日(4ケ月)以後の出産(早産)、死産(流産)、人工妊娠中絶(経済上の理由によるものも含む)をいいます。※早産や、死産、流産、人工妊娠中絶など無事に出産できない場合でも支給されます。

                出産育児一時金を出産時の入院日などにまかなうことができます。

                ※妊娠期間や出産する医療機関によって、出産一時金の申請方法や支給金額が異なる場合があります。

                ※★「産科医療補償制度」に加入していない医療機関で出産した場合、支給額は40万4000円になります。

                ★産科医療補償制度・・・医療機関が出産時の出来事で新生児や母体に重篤な障害を与えた場合、その家族に対して一定の保障を行う制度です。

                誰がもらえるの?

                健康保険の被保険者 ⇒ 自分自身が健康保険に加入している

                健康保険の被被用者 ⇒ ご主人などの家族が健康保険に加入しており、その扶養に入っている。

                日本では原則として、すべての国民が「公的医療保険(種類は問わない)」に加入することになっています。これを「国民皆保険制度」といいます。(健康保険や国民健康保険、共済組合、船員保険など)なので、なんらかの保険に加入して入れば出産育児一時金は給付されます。

                申請方法

                出産育児一時金の申請方法には直接支払制度受取代理制度があります。

                直接支払制度とは・・・出産育児一時金の請求と受取りを、出産する本人や家族などにかわって医療機関側が行う制度で、一時金が医療機関などへ直接払い込まれます。

                ① 医療機関等と契約合意文書を交わす ② 病院が支払機関を経由して健保に請求する ③ 健保から支払機関を経由して病院に一時金を支払い

                ※出産前にこの制度を利用すると意思を病院につたえないといけない

                ※出産費用が一時金を下回った場合は、その差額については別途保険者に差額申請が必要

                ほとんどの分娩機関はこちらを採用されているみたいです。

                受取代理制度・・・保険者に出産育児一時金を請求する際、出産する医療機関などにその受取りを委任することにより、医療機関などへの直接、一時金が支給される制度です。委任を受けた医療機関などが一時金の請求をするが、本人または家族などが出産前に申請書類を作成し、保険者に申請することが必要なので、早めの準備をしておくといいでしょう。

                ① 受取代理用の申請書に医師の証明をもらう ② 出産予定日の2ケ月前以降に健保へ事前申請をする ③ 病院が健保に一時金の請求をする ④ 健保から病院に一時金を支払う 認可された病院(小規模届出医療機関等)に限られる

                わが家では直接支払制度をする予定です。こちらの方が手続きが簡単ですし、主産前に多額の費用を用意する必要がないというメリットがあります。 出産する産院からの案内に載っていました。制度を利用される場合は出産前に受付で申し出をしてくださいという事でした。

                出産手当金とは

                出産手当金とは、妊娠している母親が就業者である場合に適用される給付金です。出産のために会社を休み、給与の支払いがなかった場合に健康保険から支給される手当です。

                誰がもらえるの?

                対象者は、出産日以前42日から出産の翌日以後56日までの範囲に会社を休んだ健康保険加入者です。この期間内に会社を休んだ日数分が支給対象です。

                支給金額について

                1日あたりの金額は(支給開始日以前の継続した12ケ月間の各月の標準報酬月額を平均した額)÷30日☓3分の2

                1日の支給額☓対象期間に会社を休んだ日数分の金額が支給されます。

                申請方法

                出産前に勤務先の会社(総務)に必要書類や、申請方法を確認をしておくといいと思います。実際娘は勤務先の

                まとめ

                出産育児一時金と出産手当金の違いについてみていきました。出産育児一時金は出産時にかかる健診料や、入院費、分娩などにかかる費用をカバーする給付金です。出産手当金は、就業している人が対象で産休によって給与が受け取れない期間の生活費をカバーする給付金です。

                簡単にまとめてみました。

                これから生まれる赤ちゃんを安心して迎えるために、給付金関係の申請方法は事前に把握しておいた方がいいですね。

                実際、娘は勤務先の総務から指示があったみたいです。産前、産後、育児休暇と流れを文書や案内で確認する事ができました。わからない事は総務課に問い合わせて確認しています。なんでも事前に把握し、書類等も準備しておくと安心して出産にのぞむことが出来ますね。

                 

                お問い合わせ

                  【春生まれ出産準備】おすすめ洋服編

                  4月に初孫が生まれます。徐々に出産に必要な用品を少しづつですが購入&準備をしています。1月から少しでも安いのを探して購入しています。

                  今はネットでも、雑誌でも出産に必要な準備用品チェックリストみたいなのがありますね。私たちは雑誌の『たまごクラブ』の別冊“冬・春生まれベビーの出産準備グッズこれが便利!全リスト”を参考に準備を進めています。チェックリストもあるので、あるもの、借りるものなどをまず調べて記入して、購入品は買ったときにチェックしていってます。もちろん購入金額も記入しています。

                  1月になるとバーゲンが始まりますよね。肌着は季節ものではないので肌着関係は安くなかったのですが、今季は暖冬で冬物の洋服関係はいつもより早めの大幅値下げがあり、春生まれですが、来季の秋冬には着れるだろうサイズをいくつか購入しました。お店の方にも相談して、「このサイズは今度の秋冬大丈夫ですよ」と成長は予想ですが、平均的なサイズで確認をとりながら決めました。80㎝を購入しました。

                  BABYDOLLで購入

                  ほとんどが50%OFFで、さらに購入枚数で割引になる機会にたまたまお店を訪れて、定価だったら絶対購入しないディズニー関係の服を購入しました。ディズニーは娘も私も大好きなので大満足です。ちなみにブランドはBABYDOLLです。ディズニー関連は結構あります。

                  ディズニーが好きな人は、H&Mもかわいいのがたくさんあります。肌着もあるし、スタイ等もあります。しかも安い!!ボタンはちょっと留めにくいのが少々ありますが、値段とかわいさでは私の中ではナンバー1です。娘も気に入ってちょこちょこネットで購入しているようです。

                  肌着や普段着は西松屋で購入したいと思っています。近所にあるので、ここはいつでもいけるし、今はネットでも購入できます。

                  新生児の肌着は短肌着が使いやすいと思います。おむつ交換の時もすぐに変えることができるので。新生児は結構おむつ交換を頻繁にするので、おしりにボタンがあるのは時間がかかるので、短肌着はその手間が省けますね。

                  とにかく少しでも安い時や割引きになっている時にちょこちょこ購入しています。

                  春生まれなので、冬服はすぐにはいらないだろうけど、寒くなるころにはまだ冬服は安くはないので少しだけ準備しました。お祝いにも洋服は頂くと思うので、洋服の買いすぎは厳禁です。

                  セレモニードレス(退院の日に着用)はドレスというよりはディズニーのかわいいのを着用しようかと娘は言っていました。そこらへんは娘に任せて、今のところセレモニードレスは購入しない事にしています。

                  お宮参りのときには知り合いから借りることができるので、その分の費用は節約できました。

                  すぐにいるのはやはり肌着とツーウェイオールですかね。雑誌を参考に4枚づつ購入しました。

                  しかし、出産には本当にお金がかかりますね。まだまだ購入しなくてはいけないものがたくさんあります。きちんと必要なものを見極めて安く準備していきたいです。今はインターネットがあるので検索すれば情報がたくさんあるので本当に便利です。いい情報をたくさん集めて出産準備をしていきたいと思っています。

                   

                   

                  お問い合わせ