ネットバンキングで何ができる?使って満足!おすすめ【ソニー銀行】

みなさんはどこの銀行をメインに使っていますか?

私は、インターネットバンキングを利用しています。 なぜかというと一言でいうと、とっても便利で手数料も安いからです。

では、どこの銀行で、どういったところが便利なのか紹介したいと思います。

そして私が利用しているサービスもご紹介します。

インターネットバンキングとは

 

簡単にいうと、インターネットを通して、時間や場所を気にせずに、振込や残高照会などの取引ができるということです。 銀行の窓口に行かなくてもいいので、すごく便利です。

店舗がない銀行もあります。 ソニー銀行もそのひとつです。 ここでは、私のおすすめソニー銀行を詳しく見ていきたいと思います。

ソニー銀行の特徴

サービス(何ができるか)

・振込

・おまかせ入金サービス

・口座振替

・スマホ決済

・ソニー銀行への外貨送金

・ソニー銀行からの外貨送金

商品

・円預金

・外貨預金

・仕組み預金

・外貨為替証拠金取引(FX)

・投資信託・NISA

・SONY BANK GATE(投資型クラウドファンデング)

・WealthNavi(ロボアド)

・住宅ローン

・カードローン

金利

 今は低金利ですよね。特別良いわけではありませんが、店舗がある銀行よりは、金利は少し高いです。

手数料

ソニー銀行の魅力のひとつは安い手数料です。

【口座への入出金】

預入 → 0円

出金 → 月4回まで0円、月5回目以降は(1回につき)110円

コンビニに設置されているATMで朝早くでも、夜でも手数料がかからないのはうれしいですよね。休みの日に朝早くから出かけたりすることもあるので、時間を気にせずに手数料がかからないのは本当に魅力です。

【振込手数料】

ソニー銀行宛て → 0円

他の銀行宛て → 月1回まで0円(2回目以降は220円)※各個人の条件でステージに応じて条件が変わってきます。

利用できるATM

提携7社のATM使用できます。

セブン銀行

取扱:入出金・残高照会・カードローン・暗証番号変更

利用時間:月曜日7:00~24:00 火曜日~土曜日0:00~24:00 日曜日0:00~21:00

イオン銀行

取扱:入出金・残高照会・カードローン

利用時間:月曜日7:00~24:00 火曜日~土曜日0:00~24:00 日曜日0:00~21:00

イーネット

取扱:入出金・残高照会・カードローン

利用時間:月曜日7:00~24:00 火曜日~土曜日0:00~24:00 日曜日0:00~21:00

ローソン銀行

取扱:入出金・残高照会・カードローン

利用時間:月曜日7:00~24:00 火曜日~土曜日0:00~24:00 日曜日0:00~21:00

ゆうちょ銀行

取扱:入出金・残高照会・カードローン

利用時間:月曜日~金曜日9:00~20:00 土曜日~日曜日、祝日9;00~17:00

三菱UFJ銀行

取扱:入出金・残高照会・カードローン・硬貨入金(機種、ご利用時間帯で異なります)

利用時間:月曜日7:00~23:50 火曜日~土曜日0:10~23:50 日曜日0:10~21:00

三井住友銀行

取扱:入出金・残高照会・暗証番号変更・カードローン・振り込み・硬貨入金(機種、ご利用時間帯で異なります)

利用時間:月曜日7:00~24:00 火曜日~土曜日0:00~24:00 日曜日0:00~21:00

専用アプリ

ソニー銀行専用のアプリがあります。

 ・Google Play    ・App Store  からダウンロードできます。

パソコンからもログインできるし、スマホでは専用アプリがあるので便利です。アプリでは残高や、取引も照会でき、振込も簡単にできます。

これは本当に便利です。数年前はアプリがなくてちょっと面倒だったのですが、アプリができてからは、私は最近スマホの専用アプリから取引をしています。

アプリは画面がシンプルで、見やすくてとっても使いやすいです。

メリット

ソニー銀行を利用するメリットは、場所、時間を選ばず照会や振り込みなどの手続きができること。

提携のATMがあれば朝早く、夜遅くでもお引出しは手数料なし(月4回まで)で取引ができます。私はよくコンビニのATMを利用しています。

そして、金利が高い、手数料が安い。外貨口座も簡単に開設できるので、外貨の取引も簡単です。

あと、キャラクターがかわいいのです。キャシュカードのデザインもいくつかの種類から選べます。キャラクターのもあるし、スタイリッシュなデザインもあります。

口座開設にお届け印鑑がいりません。お届け印をずーっと覚えているのは面倒ですよね。

もちろん引落口座にも対応しています。例えば生命保険の保険料や、携帯電話の利用料など(対応がない場合もあります)口座の指定ができます。通常は口座振替依頼書などに口座を記入し、お届け印を押して金融機関に提出だと思いますが、お届け印がないので口座情報だけ記入し、印無しで提出できます。

デメリット

手軽な反面、ネットでログインするだけで取り引きが出来てしまうので、セキュリティには注意が必要です。

そして、通帳という現物がありません。

口座開設も自分で手続きをします。振り込みもそうですし、引落し口座に指定もできるですが、ソニー銀行へログインし、自分で処理をしないといけなかったり、すべて自分で作業が必要になります。インターネットを使ってすることが苦手な人は難しいかもしれません。

利用しているサービス

給与振り込み

家族全員の口座も開設

積立預金

家族口座へ振込(家族口座はお金を振り分けて管理しています。ソニー銀行への振込なので手数料は無料です。)

他銀行への振込(私の場合は月に2回、振込手数料無料)

外貨の売買(外貨の売買はときどきしているくらいです。積極的にはしていません)

給与や振込があれば、スマホやPCですぐ確認できますし(登録したメールでもお知らせが届きます。引落しも確認できるので収支管理が楽です。

積み立て定期預金も自分で処理してすることができます。お金が必要になって、解約をしたいときもスマホで簡単に処理が出来ます。

 

まとめ

振込も定期預金の解約等も銀行の窓口が開いている時間に行かなくてもいいという手間がかからないのが私の中で最大のメリットです。平日の15時までに窓口に行くのはフルで仕事していたらなかなか難しいですよね。

投資信託もできるし、外貨も取引できるので、普段の生活用口座以外にも、資産運用にも利用できる口座です。

手軽に使えるのがインターネット銀行です。その中でもソニー銀行は本当に使いやすいです。

詳細は下記のソニーのHPよりご確認下さい。

https://moneykit.net/

 

お問い合わせ

    ソニー銀行で始めよう資産運用【積み立て編】

    ネット銀行のなかでもソニー銀行はとても使い勝手がよく、日常使いから、積立、ローン、デビットカード機能など様々な金融商品がこの口座だけで利用することができます。

    ちなみに私は、円預金の積み立て、外貨口座の開設、デビットカード、給与振り込み、支払口座の指定、などなど利用しています。あとはPaypayを利用しているので、ソニー口座から連動でチャージをしています。最近、ソニー口座からチャージできるようになり私的にはますます便利になりました。

    今回は、ソニー銀行の積立はどんな商品があるか紹介します。

    ソニー銀行とは

    ソニー銀行とは、個人の為に金融商品やサービスを提供するインターネット銀行です。営業時間は原則365日、24時間利用できます。

    現金の入出金は提携のATMからできます。

    取扱い商品は、円預金、外貨預金、投資信託、住宅ローン、カードローンなどです。

    ネット銀行なので、スマホやパソコンが必要です。

    円預金 積み立て定期預金

    【特徴】

    ・積み立て金は1000円から、1000円単位で自由に設定ができる

    ・年2回までボーナス時などに増額が設定できる

    ・預け入れ期間は1年、2年、3年のいずれかを選べる

    ・預け入れごとの明細がある

    ・明細ごとの引き出しができる

    【メリット】

    ・ストレスがなくお金を貯める

    ・金利が高い

    ・管理が簡単

    とにかく操作は簡単だし、お金が必要な時には窓口に行かずに解約や一部解約もできます.積み立てを始めたい方はおすすめです。

    外貨預金 外貨預金の積立購入

    【特徴】

    ・積立は500円からできる

    ・毎日、毎週、毎月など自分のペースで積立ができる

    ・購入の上限レートが設定できる

    【メリット】

    ・為替手数料が安い

    ・貯めた外貨をそのまま海外で使える

    外貨預金の積立購入は、指定した積立の日にソニー口座の普通預金口から自動的に外貨を購入し、外貨普通預金口座に預け入れができるので、面倒なことはなく簡単に外貨積立ができます。500円からできるのも外貨初心者の人にはうれしいですよね。

    投資信託 積み立てプラン

    【特徴】

    ・月々1000円から始められる

    【メリット】

    ・投資信託の販売手数料がすべて無料

    ・プロに任せられる

    投資信託を1000円から積み立てられるのは、初心者には安心ですね。どのファンドを選んだらいいかわからないですよね。そんな時には「ファンドナビゲーター」という診断コンテンツがあるので、ファンドを選ぶ際に参考になります。

    まとめ

    どの積立の金融商品も少額からできるので、こつこつと続けられそうです。

    円預金は近々必要になるお金がある。目標金額が決まっている時に利用したいですね。

    外貨預金は、将来に向けてリスク分散をしたい方や、海外旅行を予定している方におすすめです。

    投資信託は、預けるだけでなく運用のリターンも得たい方、さまざまな金融資産にリスク分散したい方におすすめです。

    金利が低い世の中で、資産形成のために外貨や投資信託をはじめたいと思っていても、手続きが面倒だったりまず何をどうしていいかわからないし、投資はこわいと思われている方もたくさんいらっしゃると思います。私もそうでした。外貨も持ちたいけど外貨口座もどうやって開設するの?とか、まずそんなところからつまずいていましたが、ソニー銀行はネットで調べて、やっていると意外と簡単に外貨口座を開設できます。(個人差はあると思いますが・・・)

    やってみないとわからないということもありますし、外貨や投資信託で積立をしてみたい人は、ある程度の知識は必要だと思いますが、投資信託は早くはじめることも大切だと思うので、金額を少額からはじめて勉強していくのもいいと思います。慣れてきたら少し金額を多くしていくといいですね。

    投資信託は少額でも長期でみれば大きな資産になってくれる可能性もあります。頑張ってこつこつ積立をしましょう。

     

    お問合せ

      【ソニー銀行】とっても便利!貯める!海外旅行にも使える!外貨編

      私が一番利用しているメインバンクとしているソニー銀行。もう10数年利用しています。長く利用していると、便利になることばかりです。例えば、使い始めたころは無かったスマホの専用アプリができたことが1番の便利ポイントです!それまではパソコンを開いてログインして・・・という手間があったので、スマホの普及は金融の面でも劇的に変わりました。銀行に行かなくても取引もできるし、インターネットってすばらしいですね。そんな便利なネット銀行、ソニー銀行の便利ポイントのひとつである、ソニー銀行の外貨ついてみていきたいと思います。

      ソニー銀行の外貨の特徴

       

      為替コストが安い

      ネット銀行だからできる、魅力的な為替コスト。例えば円普通預金から米ドルを購入するときの為替コストは4~15銭です。私が住んでいる地銀と比較してみると地銀は1円くらいです。

      為替手数料とは、円をドルやユーロなど外国の通貨に交換する時に金融機関に支払う手数料のことだ。「1ドルにつき○円」などと決められている。海外旅行のために外貨を両替する時にも課されている手数料のことです。

      通貨の種類や金融機関によっても異なりますが、米ドルの外貨預金の場合、円をドルに換えるときとドルを円に換えるとき、それぞれ1ドルにつき1円の手数料がかかることが多いようです。

      日本は金利が低いので、外貨の金利だけ見ると魅力的に思うかもしれませんが、外貨建ての金融商品を利用すると、必ず為替手数料の分だけ財産は目減りすることになります。外貨投資で資産を殖やすには、為替変動や金利や利回りだけでなく、為替手数料のことも頭に入れておかないといけませんね。

      豊富な取扱い通貨

      ソニー銀行には12通貨の取扱いがあります。外貨普通預金や外貨定期預金、500円から始められる積立もあります。取引もスマホで簡単にできます。

      取扱い通貨

      ・米ドル

      ・ユーロ

      ・英ポンド

      ・豪ドル

      ・NZドル

      ・カナダドル

      ・スイスフラン

      ・香港ドル

      ・ブラジルレアル

      ・人民元CNH

      ・南アランド

      ・SWEクローナ

      ちなみに私は、米ドルと豪ドルと金利に目がいき南アランドの外貨を保有しています。

      送金

      外貨の送金や受取りも全てネットで完結します。しかも11通貨に対応しています。ここでも銀行窓口に行かなくていいのがいいですよね。

      デビットカード

      世界の200以上の国と地域のVisa加盟店でショッピングができます。利用代金は円または外貨口座より即時引落されます。海外のATMで外貨口座から現地通貨を引き出すことができます。※10通貨に対応です。

       

      まとめ

      ソニー銀行で貯めた外貨をそのまま海外でも使えます。普通なら現地で両替をするので両替手数料がかかります。デビットカードを利用すれば外貨口座から直接現地通貨を引き出すので手数料もおさえることができます。

      貯める、使うがこれひとつでできてします優れモノです。

      こんな状況なので、海外旅行はまだ難しいですが、落ち着いて海外旅行に行けるときがきたら必ず役に立つと思います。

       

      ソニー銀行の外貨預金は顧客満足度 総合No.1

      ソニー銀行は、「2020年 オリコン顧客満足度調査 外貨預金」において総合1位を獲得しました。また「取引のしやすさ」、「利便性」、「取引手数料」など多くの項目で高評価されています。

      納得です!!

       

      お問い合わせ