【確定拠出年金企業型】4年経過の運用実績

スポンサーリンク
お金のこと

昨今「投資」、「資産運用」、「資産形成」などの言葉をよく聞いたり、目にしたりしますよね。

個人でもそうですし、企業でも投資を促していると思います。

高校でも授業でお金のことを学ぶようになったのはご存じでしょうか?日本人はお金について学ぶ機会がなかったのでとてもいいことだと思います。

今回は、投資を利用した将来のための確定拠出年金で、私がしている確定拠出年金の運用実績や、どういったファンドで運用をしているかをご紹介します。

確定拠出年金とは?

・確定拠出年金は、拠出された掛金とその運用収益との合計額をもとに、将来の給付額が決定する年金制度です。
・掛金を事業主が拠出する企業型DC(企業型確定拠出年金)と、加入者自身が拠出するiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)があります。

確定拠出年金制度の概要 – 厚生労働省

確定拠出年金制度の概要

確定拠出年金は、別名401Kとも呼ばれます。

制度の流れは簡単にいうと、会社から拠出された掛金の運用先を自分で選択します。(自分で掛け金の上乗せもできます)その積立金は自分の専用の非課税口座で管理します。60歳以降に受け取ることができます。

私の場合は専用WEBサイトがあるので、そのサイトにログインをすれば運用先の変更や、どれくらいの掛け金を支払って、どれくらいの運用利回りか、評価損益などいつでも確認ができます。時価評価額(残高)が確認できるのはありがたいです。

なぜ確定拠出年金なのか?

よく確定拠出年金と比較される企業型確定給付年金と違いをみてみましょう。

これまでは、企業では確定給付年金が多く扱われていたと思います。(もちろん今でも多くの確定給付年金は多くの企業で扱われていると思います。)確定給付年金は、将来の給付額をあらかじめ決めておき、その給付額を企業が保証します。企業が運用し、企業が運用リスクを負います。管理も企業がするので、個人の残高等は確認することができません。

それに対して、確定拠出年金は、企業が拠出した資金を個人が管理して運用する、自己責任型で、将来の受取金額が変動する制度です。

どちらがいい悪いはないと思います。会社の方針もあるでしょうし、私の勤務先では確定拠出年金制度だったというだけです。

法改正によって、中小企業への導入がしやすくなった点やさまざまな税制優遇のメリットで導入する企業が増えているようです。そして、従業員が自ら責任をもつという意味で、企業側が給付額に対する責任がなくなるということでしょうか。

投資をして資産形成をしていくという世の中の風潮にも合っていることでしょう。世の中も移り変わっていくので、それに合わせた制度は必要です。

また、私個人的な意見としては、自分で資産を殖やせる可能性があるこの制度は大歓迎です。

 

4年経過の運用実績

私の確定拠出年金の残高です。

先月にスイッチングをしたからか、運用利回りがだいぶ下がってしまいましたが、10.09%です。

会社からの拠出金額は5千円です。4年4か月で掛金累計は260,000円です。

投資先は?

私が加入しているサービスでは23種類のファンドがあります。

バランス型パッシブ、バランス型アクティブ、国内債券パッシブ、国内株式パッシブ、外国債券パッシブ、外国株式パッシブ、内国債券アクティブ、外国債券アクティブ、内国REITアクティブ、新興国債券パッシブ、新興国株式パッシブ、元本保証型・・・こんな感じです。

ちなみに

パッシブ・・・受身の、受動的な、受動態、活動的でない、不活性な、言いなりの、従順な、などの意味を持つ英単語。

運用目標とされるベンチマーク(日経平均株価やTOPIXなどの指標)に連動する運用成果を目指す運用手法のことをいいます。

アクティブ・・・自分から進んで働きかけるさま。 活動的。 積極的。 能動的。

ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用手法のことを「アクティブ運用」といいます。

関係性は、パッシブ⇔アクティブ となります。

私は、外国株式アクティブ90%と新興国株式インデックス10%を選んでいます。新興国はハイリスク、ハイリターンだと思いますが、成長すると期待をこめて拠出金の10%だけ選んでいます。

本命は外国株式です。私の勤務先は定年が65歳なので、定年までは20年近くありますので、リスクはありますが、外国株式アクティブを選んでいます。こちらも成長すると期待をこめて。

もちろん、今後ファンドを見直すこともすると思いますが、しばらくはこれでいくつもりです。

まとめ

いかがでしたか?運用実績はまずまずでしょうか。

私が利用している、WEBサイトではシュミュレーションやアニメで学習ができたり、確定拠出年金について学ぶことができます。

複利の効果がでてくるのは10年過ぎてからでしょうか。定年の65歳が楽しみです。

 

 

お問い合わせ

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました