企業型確定拠出年金(企業型DC)とは?

スポンサーリンク
お金のこと

確定拠出年金(企業型DC)、最近は取り入れている企業も多くなってきました。私の職場でも福利厚生として取り入れられています。

会社で研修等、受講していらっしゃると思いますが、よくわからないことばかりではないでしょうか?

確定拠出年金は、自ら選択した運用商品で将来の受取額が大きく変わります。

そんな企業型DCについて少しでも理解していただいて、将来の資金のために役にたてればと思います。

スポンサーリンク

企業型確定拠出型年金とは

企業型確定拠出年金とは、企業が掛金を毎月拠出し、従業員(加入者)が自ら年金資金の運用を行う制度です。

掛金は個人ごとの専用口座で管理されます。(インターネット環境があればスマホ、パソコンで自分の口座が確認できます。残高や、運用実績等の確認ができます。投資の商品の変更もできます。)

従業員は掛金をもとに、金融商品の選択や資産配分の決定など自分で運用先を決めます。そして定年退職を迎える60歳以降に、積み立ててきた年金資金を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります。

メリット・デメリット

メリット

・60歳まで引出しができないので確実に老後の資産の積立ができる
・掛金が給与所得とみなされず、所得税、住民税を軽減できる
・運用益が非課税
・受取時の税制優遇される
・社会保険料の軽減

デメリット

・60歳以降の引出し。原則、60歳未満の解約、引出しができない。
・運用成果が悪いと受け取る金額が少なくなる。
・将来の年金額の予想がむずかしい。

60歳未満で離職や転職した場合は?

60歳未満で退職すると退職時の口座は退職後の6ヶ月で閉鎖されます。
移換手続きが必要です。

原則、年金資産を移換してから年金受取終了まで運用を継続することになります。移換の仕方は、退職後の状況によって異なります。

選択肢①転職先に同制度がある場合には転職先企業が開設する企業型DCに資金を移動して継続できる

選択肢②自分で個人型確定拠出年金(iDeCo)の口座を開設して資金を移転させて続ける(勤務先に企業型DCの制度がない場合はこちらになります)

●簡単にいうと、転職・離職をしても、自分が持っている年金資産を持ち運び(ポータビリティ)ができるということです。

自分が死んでしまったら資金はどうなる?

本人が死亡した場合は、年金資産残高がある場合は年齢に関係なく遺族の請求に基づき死亡一時金として支払われます。

また受け取る遺族がいない時、または死亡後5年間死亡一時金の請求がないときは、死亡一時金に相当する金銭をその死亡した者の相続財産とみなし、最終的には国庫に帰属されることになります。

家族がいらっしゃる方は家族に勤め先で、企業型DCをしている事を話しておくといいかなと思います。

積立てた年金資産はいつ引き出せるのか?

原則、60歳までは引出しができません。

60歳未満でも受け取ることができるケース

・政令で定める障害状態となった場合(障害給付金)

・ご本人が亡くなった場合(死亡一時金)

・一定の要件を満たした場合(脱退一時金)

 

ちなみに私の勤め先では、この制度以外の退職金に関わる制度はないので、今の勤め先を定年前に辞めても退職金はありません。この制度を60歳までは続けないといけないということです。

3つの税制優遇措置

①払う時→従業員が拠出する掛け金は全額所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます
②運用益が非課税
③もらう時→一時金受取りの場合、退職所得扱いになる
課税対象金額=(受取金額-退職所得控除)×1/2

運用商品の種類

加入されている会社で用意されている商品は異なると思いますが、安全性重視の「元本確保型商品」と収益性重視の「投資信託」から好きな運用商品を組み合わせて運用します。

運用商品は会社ごとにあらかじめ用意されていますので、各運用商品の特徴をみて選択してください。

元本確保型はその名のとおり、掛け金がそもまま残高へ貯まっていく感じです。

投資信託は、外国株式、国内株式、外国債券、国内債券、REIT、バランス型等があります。

動きがあるのが、こわい人は元本確保型に入られているかもしれませんね。

 

私は、3つの商品を組み合わせています。

①外国株式、②株式多めのバランス型、③新興国株式です。新興国株式はリスクは高いので、掛金の5%だけの配分にしています。どれも積極型です。つまりリスクもリターンもあるタイプばかりです。なぜかというと、私の場合、定年まで約20年あります。はじめはリスクを多くとってでも積極的に投資をしたいからです。ゴールが近くなると(定年約5年前)、安全な商品に変更してもまだ間に合うかなと思っています。

まとめ

掛金は企業が負担してくれるが、運用の結果はあくまで従業員の自己責任になります。

自分が選択した、商品で運用成績で将来、受け取れる金額が変動します。どの商品を選択するか、ものすごく重要だと私は思います。

私は会社から5千円の掛け金を拠出してもらい、運用しています。今3年半くらいです。前述でも言いましたが、積極的に運用しています。総額210,0000円の掛け金に対して、プラスの部分は約70,000円です。運用率は約14%です。最近は、株式市場もいいのでその影響もあると思います。始めたころは1年間くらいはずーっとマイナスでした。これから先はどうなるかわかりませんが、将来楽しみです。自分で将来の資金を元金よりも殖やすことができる可能性があるからです。20年しかありませんが、この20年という時間を味方につけ殖やしたいと思っています。

デメリットでもある、『運用の結果は自分の責任である』ことが、最大のメリットでもあると私は思っています。自分の選択した運用商品で総額掛金よりも、多くなる可能性があるのが最大の魅力です。だから私は会社にすごく感謝しています。この制度をとりいれてくれたことに。退職金制度ではおそらく金額的には期待できなかったと思います。

若い人は特に時間がたくさんあります。これは本当に財産です。

投資経験がない人は、商品を選択するのは本当に難しいと思います。

ひとつ商品を選択でアドバイスするなら、バランス型等は初心者の方には良いかもしれません。私も投資信託を始めたころはそう学びました。株式、債券が入っている商品です。

口座を管理しているアカウントでは自分に合うシュミレーションができるサービス等もあります。アドバイザーがいらっしゃるところはアドバイスを聞くなど、ぜひそういうものを利用して、勉強して少しでも自分に合った商品を選び、将来の老後の為に蓄えて下さい。専門的なことは、その筋のプロに聞くのが1番です。

 

お問い合わせ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました