子どもに合う自転車保険とは?

新年度が始まると、学校から自転車保険の案内などがあるのではないでしょうか? お子さんが自転車に乗っているなら迷わず自転車保険を検討したほうがいいと思います。 でも自転車保険とはどういう保険なのか?どこで加入したらいいのか?そんな方にシンプルに自動車保険を選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

自転車保険とは

簡単にいうと自転車保険とは自転車のリスク(事故)に対して備える保険です。 自転車保険の主な保障内容 ・死亡保険金 ・自分のケガを保障する給付金 ・損害賠償責任 ・示談交渉サービス ・ロードサービス 等 ※『自転車保険』は保険会社によって保障内容やサービス、呼び方は異なります

自転車に乗るリスクとは

自転車に乗るリスクは大きく分けて ・自転車で他人や他人の物を傷つけてしまうリスク → 相手への賠償 自分が運転する自転車で他人に大けがを負わせてしまったり、後遺症が残ったり。あるいは死亡させてしまった場合は高額な賠償金になることが予測されます。近年、自転車事故で数千万~1億円近くの賠償金が発生する事例があります。

・自転車で自分がケガをしてしまうリスク → 自分のケガ 自分が自転車に乗っていて転んでしまってケガをしたり、場合によってはケガの治療のために通院や入院、手術という場合もあるでしょう。 簡単にいうと他人や他人の物を傷つけてしまうとき、自分がケガをしてしまうリスクがあります。

自転車保険加入の義務化

近年、自転車事故による高額化する賠償保険金。そういう背景があり、自転車保険の加入の自治体ごとに義務化が始まりまり、全国でも自転車保険の加入義務化が広まりました。
子供が加害者でも高額な賠償金を請求される可能性があるため自転車保険の加入はしておきましょう。

どういう保険があるのか?

自転車保険

自転車保険とネットで検索してみれば補償内容、保険料がわかります。 ネットでも申込みできる自転車保険もたくさんあります。主な自転車保険をあげてみました。

全日本交通安全協会 ・自転車事故補償コース ・交通傷害ワイド補償コース

 

au損害保険(Bycle) ・自転車事故などの交通事故によるケガを補償 月々340円~ ・日常生活やスポーツ中のケガも補償 月々780円~ ・70才以上の方 月々710円

 

楽天損保の自転車保険 ・楽天ポイントが貯まる

  申込もネットで完了しますし、保険料も安くお手軽に加入できるのでおすすめです。

学校から案内されるこども総合保険

主な補償内容一覧 ・個人賠償責任 誤って他人にケガを負わせたときの備え ・病気 病気で入院・手術をしたときの備え ・熱中病 お子様が日射または熱射によって熱中症を発病した場合に補償します ・細菌性食中毒 お子さまが摂取したものにより細菌性食中毒またはウイルス性食中毒を発病した場合に補償します ・特定感染症 お子さまが補償期間中に法令で定める特定感染症(一類~三類感染症)を発病した場合に補償します ・地震補償 地震もしくは噴火またはこれらによる津波によってケガなどをした場合に補償します。 ・持ち物 授業・登下校中にメガネなどの身の回りの物が破損したときの備え ・犯罪被害 犯罪行為またはひき逃げなどに巻き込まれたときの備え ・傷害(ケガ) ケガをして入院・通院したときや手術をしたときの備え ・病気死亡 お子様が補償期間中に病気をし、発病期間中または発病から180日以内に亡くなった場合に、実際に負担した葬祭費用を補償します ・育英費用 扶養者の方がケガをし、事故の日から180日以内に死亡または所定の重度後遺障害を負った場合に補償します。   補償内容は保険によって異なります。ここでは九州のPTA連合会の分でとりあげています。 補償の対象となる補償項目については、パンフレット記載のプラン表でご確認ください。

自動車保険等に特約(オプション)として加入

個人賠償責任特約(日常生活賠償特約)

(※ここからの特約は我が家で加入しているあいおいニッセイ同和損害保険に沿って説明します) 日常生活賠償特約とは日常生活の賠償事故を補償します。 我が家では次女が小学生の頃、自転車に乗っていました。遊びに行くときくらいしか乗らないのですが自転車保険は必要だと思いました。我が家では自動車を持っているので、自動車任意保険に加入しています。その自動車保険に日常生活賠償特約(個人賠償特約)というのをつけていました。 火災保険などにも特約でつける事が出来ます。 簡単にどういったときに補償するのかというと、 ・他人にぶつかりケガをさせてしまったら ・他人のものを壊してしまったら 記名被保険者、またはそのご家族の方が、日本国内外での日常生活の偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人の財物を損壊させたこと、または日本国内で電車等を運行不能にさせたことについて、法律上の損害賠償責任を負担した場合に、保険金をお支払いします。 日常生活賠償特約(個人賠償特約)は自転車だけではなく他人の物を壊したりしたときに賠償責任が発生した場合にも使えます。例えば、飼い犬が近所の子供にかみついた場合や、買い物中にうっかり展示してある商品にぶつかり壊してしまったなど、賠償事故を補償します。

交通事故特約

交通事故特約とは ご契約のお車に乗車中の事故、他人の自動車に乗車中の事故、歩行中や自転車乗車中などの自動車事故に加え、自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合など、自動車事故以外の交通事故で、被保険者(注1)が死傷した場合に保険金(注2)をお支払いします。

  • (注1)本特約の被保険者の範囲は、人身傷害保険、および自動車事故特約と同じです。ただし、自動車事故以外の交通事故は、記名被保険者、およびそのご家族の方が被保険者です。
  • (注2)人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法、および損害額基準に基づいてお支払いします。ただし、自動車事故以外の交通事故の傷害による損害は、人身傷害保険に定める損害額基準のうち、積極損害(治療関係費など)のみお支払の対象です。休業損害、精神的損害はお支払の対象ではありません。

    あいおいニッセイ同和損害保険のホームページに載っています。 つまりこの特約は自転車に乗っているご自身が転倒してケガをしてしまったらの場合に対応しています  

 

ご自身や家族の自転車の方が自転車での転倒や他の自転車との接触、駅構内での転倒等、自動車事故以外の交通事故により死傷した場合にも保険金を支払う特約です。

自転車保険特約

保険会社で内容が異なります。確認が必要です。 ※自転車特約はあくまでも自動車保険に付帯された特約のひとつなので、補償範囲は限定されたものとなります。 ※任意の自動車保険に特約でつけることができるものが損保会社にはあるので、もし自動車保険に加入されている方は一度、内容等を保険会社に確認をしてみて下さい。

まとめ

ネットで調べれば自転車保険はたくさん出てきます。ネットで申し込みもできる保険もありますが、特約は主契約の保険がないと特約だけでは加入はできません。 自動車任意保険に加入されているなら一度、契約されている代理店、保険会社に問い合わせてみられたらいいと思います。 個人賠償責任特約ともいいます。どこの損保会社も同じような特約があると思います。特約なら簡単に主契約の保険に追加できます。 他には単独で自転車保険もありますし、自分のケガだと傷害保険に加入していれば補償できます。   最後にポイントとしては ①自転車で他人や他人の物を傷つけてしまうリスク → 相手への賠償 個人賠償責任保険、自転車保険、子ども総合保険 ②自転車で自分がケガをしてしまうリスク → 自分のケガ 傷害保険、自転車保険、子ども総合保険   特約だと主契約の保険につくので保険料は安くすみますが、補償が限定的になるので内容を把握して申込をしてください。 自転車保険には自転車ロードサービスが付帯されているものも結構あるようです。よく自転車に乗る方は自転車保険もいいでしょう。 自転車に乗る人だけが対象だったり、同居されている家族みんなな補償の対象だったりいろいろなパターンがあると思います。 今は学校でも入学式の時とかにも自転車保険の事は話されると思います。 リスクのどこまでの補償が必要なのか、あとは保険料を考えて、お子様にあった保険をいろいろ検討されるといいと思います。    

お問い合わせ

    投稿者: すととも

    ◆住まいの地域 九州 ◆好きな事 ☆SixTONES、BTS、Nissyに係るものを見ること、知ること、PVをみるたり、音楽を聴いたり、ツアーグッズの購入など ☆スニーカー集め ☆お金の勉強 ☆資格取得 ◆仕事 フルで内勤の仕事しています。 ◆家族 夫、次女 ◆年齢 40代 ◆目標 老後に好きな事をするためにお金を貯めること しあわせになるためにやっていること、オタ活動、資産形成など紹介します!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA