【男の子の初節句】人形は?鯉のぼりは?お祝いは?

スポンサーリンク
出産・育児

春になり、5月の節句が近づいてきました。私には昨年の春に初孫が生れ、今年初節句をすると娘から連絡がありました。
あ、またお金がいるなと率直に思ってしまいました。孫はかわいいですが、出産前から出産後と本当にお金が要ります。
初孫の初節句。私たち祖父母はいったいいくらお祝い金を用意したらいいのか。また五月人形や鯉のぼりは誰が用意するのかなどリサーチしました。

男の子の節句とは

現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

初節句とは

男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。

お祝いの仕方

端午の節句のお祝いは、本来5月5日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いをしてもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。ごちそうは、鯉や栗、それにちまきや柏もちがつきものです。

初節句の五月人形・鯉のぼりは誰が買うのか?

五月人形で祝う。という風習は、地域によって多少異なるようなのです。

日本全域がすべて共通という事は、無いようですのでここでは極一般的な文章を記載させていただきます。

誰がお祝いを贈るかには、諸説があるようで、「女の子の初節句は妻の実家が雛飾りを、男の子の初節句は夫の実家が鎧飾りや五月人形を贈る」という場合もありますが、「性別にかかわらず、妻の実家が雛飾りや鎧飾りなどを贈る」とされる場合もあります。

一般的には、妻側の実家(祖父母)が贈るというのが多いようです。

しかしながら現代では、あまり風習にこだわることなく、両家の事情や気持ちに応じて行えばいいでしょう。

最近は住まいが狭いなどで、外に大きな鯉のぼりをあげる、大きな五月人形を飾るのも場所がないなどで、室内に飾るコンパクトなものが好まれるのではないでしょうか。現に娘はアパートに住んでいるので、ガラスケースに入った人形でさえ飾るところがないので、とりあえず節句に関連する小さな飾りものでいいというリクエストをもらいました。

今はディズニーとかキャラクターのかわいいものがありますよね。コンパクトな飾りもあるのでそういうのもいいかなと考えています。

お祝いはいくらすればいいの?

初節句のお祝いは、5,000~30万円までと幅があり、相場があってないようなものです。

一般的には次の通りです。

初節句のお祝い金相場

・祖父母 50,000円~300,000円
・親戚・兄弟 5,000円~10,000円
・友人・知人 3,000円~5,000円

祖父母の5万円~30万円とはびっくりですね!!

我が家ではこんな大金払えないですよ(笑)

理由としては大きな鯉のぼりや鎧飾りを贈る場合は非常に高額になりますし、それ以外の一般的なお祝い品であれば数千円に収まるでしょう。

一般的には、祖父母は飾りを贈り、親戚などは5,000~10,000円程度のお祝い金を包むとされています。しかし昨今では、住宅事情などから飾りを希望しない家庭も増えています。そのため、あまり神経質に金額にこだわる必要はないと思います。

まとめ

とりあえず、室内用の節句の飾りとお祝い金を用意しようと思います。盛大ではなくお互いの家族が集まるくらいですので、飾りとお祝い金で5万円くらいで納めたいと思っています。孫の母親(娘)はまだ20歳。私達親は40代半ば。嫁いだ先も同じような感じです。両家お互いにまだまだ子育て中で、子供にもお金がかかる環境です。なので、今はやはりまだ余裕がないので仕方ありません。50万円も出せる人がいるなんて今の私からしたら、ちょっと考えられません。

一般的な相場を書きましたが、本当に近年、家庭は様々です。コロナ禍でもあり、経済も不安定な状況でもありますので、各々の家庭の状況ですればいいのかなと思います。考え方も様々ですので、相手側の事を考えながらしないといけないので難しいと思いますが・・・。

孫のイベントごとは、私達は娘を通して相手方のお母さんと打ち合わせをしながら決めています。勝手にはお互いにしないように気を付けながらしています。相手方は母親だけですので話しやすいのは話しやすいです。年が近い女同士ですので、話がまとまり易い感じです(笑)。私の主人は孫の事とかは、私に任せてくれていますので口出しもしないので楽です。

みなさんも無理なさらない程度で初節句を迎えて下さい!!

 

【お問い合わせ】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました