資産形成【ジュニアNISA】についてメリット/デメリット

スポンサーリンク
お金のこと

私は中学生の子供がいます。資産形成と、教育資金のためにジュニアNISAをしています。つみたてNISAもしているし、資産運用の事をもっと知るためでもあります。

スポンサーリンク

ジュニアNISAについて

ジュニアNISAは(未成年者少額投資非課税制度)2016年にスタートした、子供の進学や就職等の将来に向けた長期投資を目的に資産形成をサポートするために導入された制度です。

【対象者】 日本に住む0歳~19歳の未成年者

【年間非課税枠】 80万円

【累積非課税投資額】 400万

【対象商品】 投資信託、株式、ETF、REIT

【非課税期間】 最長5年間 期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有が可能

【口座開設可能数】 1人1口座

【運営管理者】 口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親、祖父母等)

【払出し】 18歳までは払出し制限あり。

ジュニアNISAのメリット とデメリット

ジュニアNISA(ジュニアニーサ)は、未成年のお子様のための「少額投資非課税制度」です。ジュニアNISA口座で投資すると、そこで得た利益や、配当金・分配金にかかる税金が(非課税)になります。

メリットといえば、今、教育資金を貯めるのに学資保険は保障はあるけれども、昔みたいに金利がいい訳ではないので、増やすという機能がないですよね。支払った保険料よりわずかに多く戻ってくるか、若干下回るような感じだと思います。貯めるという事に特化するなら、ジュニアNISAは有効な制度だと思います。ファンドを選ばないといけませんが、運用によっては大きく資産が成長する可能性があります。

もちろん、運用益が非課税というのもメリットですね。

あと、子供に投資の機会を与えるというのもメリットかなと思います。株や債券などの仕組みや投資信託について、経済に興味をもつチャンスかなと思います。子供に教えてあげる、親も一緒に勉強して、ファンドを選んでもいいですね。我が家はまだ私がしていますが・・・。しかし、少しづつ子供にも投資を教えていく予定です。今後は必要な事だと思うので。

デメリットは、18歳まで払い出しに制限がかかる事です。ジュニアNISAからの途中引き出しは課税対象となります。原則としてジュニアNISAは口座開設者である子供が18歳になるまでには、お金を引き出すことができません。

(※ただし災害等で急にお金が必要となった場合には、税務署から承認を受けることによって非課税での引き出しが可能です。)

通常のNISAであれば年に1回だけ金融機関の変更が認められていますが、ジュニアNISAの場合は金融機関の変更が認められていません。 どうしても金融機関を変更したくなった時は、ジュニアNISA口座を廃止して、変更先の金融機関で新規にジュニアNISA口座を開設する必要があります。 ただし、18歳未満でジュニアNISA口座を廃止すると、それまでに出た売却益や配当に対して税金がかかります。 なので、口座を開設するときはよくよく調べた方がいいと思います。

あとは教育資金という名目でしているので、大学進学時に資金が思い通りに貯蓄されているかどうかですよね。投資なので、ファンドによっては運用益が出ない場合もあるだろうし、経済状況にも大きく影響を受けるので、景気が悪かったりすると思っていた資金には足りないという事もあるでしょう。元本割れなどという事もあるでしょう。なので、これひとつに教育資金を頼るのではなく、あくまで資産運用のひとつとして利用すればいいのかなと思います。資産分散をして、リスクを軽減していくのも今後の資産運用にはかかせません。

まとめ

学資保険や預金ではなかなか資産は増えません。リスクを理解してリターンを得たい 。つみたてなので、 コツコツ時間をかけて運用したい人 。複利効果があるので、長期に向いています。ドルコスト平均法も活用できます。 子供に投資の勉強をさせたい。そういう人にもジュニアNISAは向いているのではないでしょうか。

お問い合わせ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました