AppleWatch アップルウォッチ3でできること

スポンサーリンク

アップルウォッチが発売されてからずーと欲しくて、でも高いというイメージがあり購入を諦めていました。しかし、主人がいつの間にかアップルウォッチを購入していてまた私のアップルウォッチの物欲が再燃してしまい、今更ながら、思い切って購入しました。主人はアップルウォッチ3を購入していましたので、私も同じものを購入しました。

※スマホはもちろんiPhoneを何年も使っています。もう3~4代目かな。

スポンサーリンク

Apple Watch Series 3 モデル概要


38mmまたは42mmケース
感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ(第2世代)、1,000ニト
GPSモデルとGPS + Cellularモデル
S3(デュアルコアプロセッサ搭載)、W2ワイヤレスチップ
Digital Crown
光学式心拍センサー
高心拍数と低心拍数の通知
緊急SOS1
50メートルの耐水性能3
LTE、UMTS4、Wi-Fi、Bluetooth 4.2
GPS/GNSS、気圧高度計
内蔵スピーカーとマイク
容量16GB(GPS + Cellularモデル)、容量8GB(GPSモデル)

価格


GPSモデル:19,800円(税別)

GPS + Cellularモデル:30,800円(税別)

購入方法


私は公式のアップルストアからネットで購入しました。カード払いで購入。

4月6日(月)ネット注文 → 4月9日(木) 商品到着

注文から到着まで本当に早い。在庫があったからだと思いますが、到着が早いのはうれしいですね。

送料は無料です。

私が購入したのは1番価格が安いアップルウォッチ3です。

税込み¥21,780円でした。

箱もスマートでおしゃれです。

私が使いたい機能


心拍数の測定

歩数計

時計(文字盤をミッキーマウス・ミニーマウス)

正直、今のところは使い方もかわらないのでこれくらいです。

まとめ


私がアップルウォッチを欲しかった1番の理由は、文字盤がミッキーマウスや気分によって変更できる、腕時計のファッション性です。腕時計をするのが好きなので、文字盤が変更できるのはうれしいです。

2番目は健康管理をしたいという事です。40歳を過ぎ運動は全くしていません。日常外出するときは必ず車を使うし、仕事はデスクワークですし、本当に運動不足で、将来の健康不安があります。仕事上将来は健康で、病気にならないような体つくりを今からしておかないといけない事は分かっています。なので少しでも歩くのを意識付けしたいと思っています。ジョギングも始めたいと考えています。

機能的には他もあります

防水、apple payが使える等、他にもたくさん。アップルウォッチ対応のアプリを入れることもできます。

防水なのでジョギングやウォーキングなどのスポーツにもそのまま使えますね。

今は5まで出ているので、もっと高性能、多機能だと思いますが正直私は、デジタルは好きなのですが、使いこなすのは苦手です。多機能でも、使いこなすことができないならもったないですもんね。価格も高額になりますし、自分に合わせて選ばれたらいいと思います。(本当はもっといいの欲しいのですが、値段が高いという理由もあります)

現状、私はこれで満足しています。本当にかわいい。

ベルトもインターネットでいろんなタイプが購入でき、カスタマイズが可能です。私は仕事用で、黒い皮風のベルトを購入しようと思っています。

お問い合わせ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました