損保大学試験【法律】勉強方法

損保代理店に勤務している方は保険に係る試験を受けないといけません。損保大学課程は代理店に勤めるからといって必ず受験しないといけないわけではありません。私が勤務している会社でも強制ではありませんが、会社の従業員育成プログラムとして組み込まれています。私は自主的に受けました。自分のスキルアップとモチベーションを維持するためです。

今回は法律の損保大学課程の内容や、勉強方法をみていきたいと思います。

内容

損害保険には、①損害保険募集人一般試験②大学課程専門コース③大学課程コンサルティングコースがあります。

私は①の資格はもっているので、次は専門コースを受験します。

そして1.法律、2.税務があります。それぞれ試験を受けないといけません。この2つに合格して、「損害保険プランナー」として認定されます。

合格点

合格点:100点満点 70点以上 

試験時間:60分 

問題数:20問

受験費

1単位:1900円
2単位:3500円(法律と税務 2単位同時に受けることもできます。)

日時・試験の受け方

月曜日から土曜日に開催されている会場で受けることができます。申込は『日本損害保険協会』HPからします。

https://www.sonpo-dairiten.jp/navi/moshikomi/tejun.html

会場によっては、開催されていない、空席がないなどありますので、申込は余裕をもって早めに受験の日時の決定をされた方がいいと思います。

申込は、試験日の90日前からできます。

試験は会場でパソコンでします。テキスト持込はもちろんありません。パソコンの画面上もテキストはでてきません。

申込後のキャンセルできる?

キャンセルはできます。支払方法によって期限が異なります。

クレジットカードで支払われた方は、受験日の3営業日前まで。(受験日が土曜日の場合は4営業日前)どちらも20:00までです。

コンビニやペイジーで支払われ方は、受験日の7営業日前まで。(受験日が土曜日の場合は8営業日前)どちらも20:00まで。

ちなみにコンビニやペイジーで支払うようにしていて、期限までに支払いをしないと自動でキャンセルとなります。

テキストは?勉強方法は?

テキストはサイトから直接購入しました。

テキストと練習問題がセットで各660円です。私は、法律と税務と一緒に注文しました。

詳細は↓

https://www.sonpo-dairiten.jp/daigaku/program/kyouzai.html

私の勉強方法は、練習問題をひたすら解きました。テキストはほぼ見ませんでした。1ケ月くらいかけて出来るときは、1日30分程度勉強しました。

テキストも使って勉強したほうがいいのでしょうが、時間がかかり過ぎるので、問題を解いてわからない事があればテキストで確認をしていくという感じでしか使用しませんでした。

私は資格をとるための自分の勉強のやり方があります。練習問題や過去問をまず解くのですが、間違った箇所やわからない問題には答えと解説をその問題の近くに赤ペンで書き写します。見直しもそれしか使いません。とにかく問題と解説と答えをセットで覚えていく方法です。

問題傾向がわかるのでこのやり方は、合格へ近くなると思いますので、ひたすら問題、過去問をするのは、おすすめです。

最近は、YouTubeでもわかりやすく解説されているものがあるので、気になる方は参考に見てみてください。

合否結果はいつ?

試験結果は、受験日の3営業日後の翌日から確認できます。

確認方法 → 募集人・資格情報  → 個人向けメニュー → ID・パスワードを入力 → 受験票の印刷/試験結果の確認/申込状況等(左側にあります)→ メインメニュー → 試験結果確認 

https://www.sonpo-dairiten.jp/navi/kekka/index.html

まとめ

私の試験の結果は75点でした。70点以上が合格なのでまあなんとか合格でした。

私は仕事も生保の方が割合が多いので、損保はちょっと苦手でもあります。なので損保の試験もちょっと受けるのを見送っていました。

次回は税務を受験します。

税務はもっと勉強時間を増やして、いい点数で合格するようにします。

 

お問い合わせ

    【体験談】FP2級合格するための勉強方法は?参考書は?

    私はファイナンシャル・プランナーの資格をもっています。 勉強の方法や、資格を取得しようとした理由など、私が取得したFPの3級と2級について説明します。  

    ファイナンシャル・プランナーFPとは

    人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。     (日本FP協会HPより)

    3級FP技能検定と2級FP技能検定について

      技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます(厚生労働省HPより)。

    受験手数料

      3級 学科:3000円 実技:3000円   学科と実技:6000円 2級 学科 4200円 実技:4500円   学科と実技:8700円

    合格点

    FP技能検定の合格点を確認しておきましょう。 3級FP技能検定 学科試験+実技試験 合格点は6割正解  2級FP技能検定 学科試験+実技試験 合格点は6割正解 2,3級共に  学科 60点満点中36点以上  実技 100点満点中60点以上  で合格となっています。

    申込方法

    試験の申込は、日本FP協会のホームページから申込しました。2教科同時に受験するこができます。私は3,2級とも教科は同時に受験しました。 https://www.jafp.or.jp/exam/    日本FP協会HP インターネットか書面で申し込みができます。 私はインターネットで申し込みをして、支払い方法はコンビニ支払いをしました。クレジットカード支払いもできます。 試験会場は申込みの時に選択できます。

    FPの資格を取得しようと思った理由

    私は仕事が保険業なので、仕事上もっていたほうがいい資格かなと思い、まず3級から目指しました。 まあ、40歳も過ぎて何もない自分に資格をとって自信をもちたいという邪な気持ちもあったのですが・・・ あとは私はこれまで何回か転職もしたわけですが、これまで金融関係の仕事携わっていたので、今になってこれまでしてきたことが役にたっているというか、今の仕事上いろいろ繋がってきて、もっと知りたいことが増えたという事ですかね。 金融に関することに興味が出て、今まで知らなかった事がその分損をしていたというか、もっと早く知っておかなくてはいけなかったようなそんな感情もあり、とにかく今はこの世界の事を勉強していきたいと思いました。 FPの資格は仕事上でも役に立つのですが、私生活の中でも必ず役に立ちます。これからの人生設計を考える上でも役に立っています。 それに、資格取得という目標を持たないと勉強にも集中できないので、まずFPの資格取得をいう目標を立てました。

    独学で勉強

    勉強の方法は独学です。通信教育や学習教室もありますが、お金はできるだけかけたくないので、独学で頑張りました。 私は保険の仕事をしているので、保険の資格も取らなくてはいけなくて、3級を受験する前に、生命保険大学課程試験を受験をしました。6教科あって2教科づつ受験して1年かけてすべて1回で合格をしました。 その流れで、FPの3級を受験しました。内容的に重複するところもあるので、まず、FPのテキストを書店で探して購入しました。

    私が勉強に使用したのは、TAC出版の「みんなが欲しかったFPシリーズ」です。イラスト付きで、カラーなのでとても見やすくて私は2,3級ともこのシリーズを購入しました。※参考書は毎年新しくなっています。 教科書とあるのでこれはテキストとして使い、問題集もあるのですがなるべくお金はかけたくないし、問題集を購入してすべてする時間もなく仕事もフルでしているし家事も育児もしていくなかで効率よくしたかったので、実際の過去問をひたすら解きました。 日本FP協会のHPに過去の問題と解答が載っていますので、3級は過去2年分くらいを印刷して問題を解き、わからないところは教科書で確認をして、間違ったところなどは問題に解説を記入したりしてひたすらその過去問を暗記しました。 2級は過去問3年は印刷して解きました。本当は教科書全部を勉強するのがいいのですが、とりあえず合格することに目標を定めて過去問をすることで問題出題の傾向を知る事にしました。 試験問題・模範解答はここから出せます 日本FP協会HP → FP技能検定 → 3級FP技能検定・2級FP技能検定 → 試験問題・模範解答  3級は1回で学科も実技も合格したのですが、2級は実技は1回で合格したのですが、学科は3回目でやっと合格しました。 実技は1、2回目とも1点足りずに不合格でした。あとひと頑張りが足りなかったのでしょうね。本当に悔しかったです。 勉強した時間ははっきりおぼえてないのですが、3級よりははるかに2級はきっちり勉強しとかないと合格は難しいと思います。基本を押さえて勉強すれば大丈夫だと思います。私は怠け者なので、なかなか自宅で家事が終わって夜勉強するのですが、1日1時間も勉強しませんでした。集中力が続かないし、23時くらいから始めると眠くなってしまって・・・。なので試験日よりはるかに早めにスケジュールを決めて、1日50分とか40分くらい勉強しました。

    次の目標は1級

    ここまできたら1級を目指してみようと思っています。何年かかるかわかりませんが、この年になって勉強することも楽しいといえば楽しいし、目標は高くもって人生を豊かにしていきたいと思っています。 そしてファイナンシャルプランナーとして仕事ができるように、プランナーの勉強もしていきます!!まだまだたくさん勉強しないといけませんね。

     

    まとめ

    FPの資格を取得するにあたり、これから生きていく中で必要な知識をたくさん学ぶことができそれだけでも取得した意味があったと思っています。 仕事をして、家事もしてそんな中で、勉強は大変ですが、合格すればそのも大変だった事も頑張った証しとして心が満たされます。 これから受験される方は、まず目標を持って頑張って勉強して下さい。  

    お問い合わせ

      【‎‎保険代理店勤務5年】取得した資格は? 難易度は? ‎

      今は損害保険と生命保険に係る仕事をしています。勤務して5年が過ぎました。

      肩書は事務なのですが、少人数の職場なので営業のようなこともしています。

      そして、主に営業をしていなくても、仕事上資格を取らないといけない資格もあります。また会社からいろいろな資格を取得するように指示があるので、はじめは嫌々受けていました。

      しかし生保、損保の試験を受けていくうちに、いろんなことが知りたくなりました。

      例えば、社会保障制度、税のこと、相続のこと、資産運用のことなどもっともっと、深く知りたくなりました。

      私が今までに取得した資格です。

      取得種類

      生命保険資格(生命保険協会主催)

      1.  一般課程
      2.  専門課程
      3.  応用課程
      4.  変額保険販売資格
      5.  生保大学 ファイナンシャルプランニングとコンプライアンス
      6.  生保大学 資産運用知識
      7.  生保大学 社会保障制度
      8.  生保大学 生命保険のしくみと個人保険商品
      9.  生保大学 生命保険と税・相続
      10.  生保大学 企業向け保険商品とコンサルティング
      11.  外貨建保険販売資格

      生命保険協会で受講しました。一般課程は生命保険を販売(募集)するのに必要な資格です。会社でももちろん受験をするように言われます。

      ※これまでは紙での試験でしたが、令和2年4月からCBT(パソコン)に変更されています。損保の試験と同様の受験となりました。生保受験代は受験者負担になっています。

      1. FP技能検定3級
      2. FP技能検定2級
      3. 証券診断士資格

      以上、生命保険に係る資格を取得しました。

      損害保険資格(日本損害保険協会主催)

      1. 損保一般資格 基礎
      2. 損保一般資格 自動車
      3. 損保一般資格 火災
      4. 損保一般資格 傷病疾病
      5. 自動車単種目 上級

      損保は以上です。日本損害保険協会で申し込み受験しました。こちらもCBT(パソコン)試験です。

      正直、CBT試験、私は苦手です。パソコンでするより、紙で受験する方が慣れています。私は、学生のころも紙でのテストばっかりでしたので、勉強をするテキストとかテストは紙の方がいいのですが・・・。でも仕方ないですね。

      必要な資格

      とりあえず、会社から取得するように言われる通りに受験しました。私が勤めている会社は勤務年数ごとのプログラムがあるので、それにだいたい合わせて自分で選択し受験しました。

      仕事上、絶対に必要かといわれると、そうではなく、募集するのに必要な資格は、生保も損保も最初に受験する一般の資格です。変額、外貨建保険の募集もするなら外貨建と変額保険の資格が必要です。(※勤める会社によっては必ず必要といわれる資格があるかもしれません)

      あとは私が勤めている会社は、資格手当などもあったし、自分のモチベーションをあげるために取得したものもあります。資格そのものは役に立つことはそんなにないかもしれませんが、間違いなくスキルアップにはなります。

      協会の資格は、保険業界に勤めていないと使えなくなるので、FPなどを取得するのがお勧めです。内容が生保大学と同じくらいなので、FPはおすすめです。

      難易度

      生保協会や損保協会主催の資格は大学とついているものは、テキストなど一通りの勉強は、必要だと思います。簡単ではないです。

      損保大学はまだ受験していませんが、テキストや過去問を見る限り、ある程度の時間はかけて勉強しないといけないと感じました。

      それ以外はそこまで難しくないと思います。でも勉強は必要です。テキストと、過去問をしたら独学で大丈夫だと思います。生保大学は独学で2教科ずつ受けて全教科1回で合格しました。点数は合格点ぎりぎりのものもありましたが・・・。その流れでFP3級、2級を取得しました。2級は結構、時間をかけて勉強しました。

      今まで試験をうけたものはすべて独学です。とにかく過去問を解きました。

      これから取得を予定している資格

       

      ・税務3級,2級

      ・相続アドバイザー3級、2級

      ・年金アドバイザー3級、2級

      ・投資信託3級

      銀行業務検定協会で受験できます。6、10、3月に試験が行われています。詳しくは銀行業務検定協会のHPを参照してみて下さい。受験日、受験料等が載っています。

      ・FP技能検定1級

      今のところ、私にはここが難関ですね。頑張って勉強します。

      ・損保大学課程専門コース(法律) 

      ・損保大学課程専門コース(税務)

      年内に受験予定です。損保は苦手で後回しにしていましたが、そろそろ受験しないといけないと思い、勉強中です。

      まとめ

      資格取得の最終目的はやはりFP技能検定の1級です。ただ、すごく勉強しなくてはいけないのはわかっているで、まだまだ自信がありません。合格をするために、まず銀行業務検定の資格受験をし、勉強して知識を分野ごとに蓄えていって、最終にFP1級を受験していこうかと思っています。それくらい私にとっては、FP1級は難易度が高いと思います。

      仕事をフルタイムでして、家事、育児をしながらの勉強なので時間をかけてFP技能検定1級合格を目指します。

      最初は仕事上試験を受けないと仕事ができないので仕方なく勉強をして受験をしていました。しかし、仕事をしていくうちに知らないことが多すぎて自分に自信がなく仕事も楽しくなくなってしまっていたので、まずは自分に自信をつけるために勉強をしていくうちに、どうせなら資格をとっていこうと考え、保険に関係している資格をとるようになりました。会社で資格手当があるので、それに当てはめて受験もしています。

      いつだったか、本社の人に『(資格)頑張っているね』と声を掛けられた時には本当にうれしかったです。みてくれている人がいるということは頑張りにつながります。

      自分のためと人の役に立てるためにこれからも勉強します。資格取得のために勉強するので、知識は身に付きますし、お客様から聞かれても答えることができるようになるのでまたそれが自信につながります。

      知りたい事がある限り、勉強は続くことでしょう。もう若くないですが、まだまだ頑張ります。

       

      お問い合わせ