子どもに合う自転車保険とは?

新年度が始まると、学校から自転車保険の案内などがあるのではないでしょうか? お子さんが自転車に乗っているなら迷わず自転車保険を検討したほうがいいと思います。 でも自転車保険とはどういう保険なのか?どこで加入したらいいのか?そんな方にシンプルに自動車保険を選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

自転車保険とは

簡単にいうと自転車保険とは自転車のリスク(事故)に対して備える保険です。 自転車保険の主な保障内容 ・死亡保険金 ・自分のケガを保障する給付金 ・損害賠償責任 ・示談交渉サービス ・ロードサービス 等 ※『自転車保険』は保険会社によって保障内容やサービス、呼び方は異なります

自転車に乗るリスクとは

自転車に乗るリスクは大きく分けて ・自転車で他人や他人の物を傷つけてしまうリスク → 相手への賠償 自分が運転する自転車で他人に大けがを負わせてしまったり、後遺症が残ったり。あるいは死亡させてしまった場合は高額な賠償金になることが予測されます。近年、自転車事故で数千万~1億円近くの賠償金が発生する事例があります。

・自転車で自分がケガをしてしまうリスク → 自分のケガ 自分が自転車に乗っていて転んでしまってケガをしたり、場合によってはケガの治療のために通院や入院、手術という場合もあるでしょう。 簡単にいうと他人や他人の物を傷つけてしまうとき、自分がケガをしてしまうリスクがあります。

自転車保険加入の義務化

近年、自転車事故による高額化する賠償保険金。そういう背景があり、自転車保険の加入の自治体ごとに義務化が始まりまり、全国でも自転車保険の加入義務化が広まりました。
子供が加害者でも高額な賠償金を請求される可能性があるため自転車保険の加入はしておきましょう。

どういう保険があるのか?

自転車保険

自転車保険とネットで検索してみれば補償内容、保険料がわかります。 ネットでも申込みできる自転車保険もたくさんあります。主な自転車保険をあげてみました。

全日本交通安全協会 ・自転車事故補償コース ・交通傷害ワイド補償コース

 

au損害保険(Bycle) ・自転車事故などの交通事故によるケガを補償 月々340円~ ・日常生活やスポーツ中のケガも補償 月々780円~ ・70才以上の方 月々710円

 

楽天損保の自転車保険 ・楽天ポイントが貯まる

  申込もネットで完了しますし、保険料も安くお手軽に加入できるのでおすすめです。

学校から案内されるこども総合保険

主な補償内容一覧 ・個人賠償責任 誤って他人にケガを負わせたときの備え ・病気 病気で入院・手術をしたときの備え ・熱中病 お子様が日射または熱射によって熱中症を発病した場合に補償します ・細菌性食中毒 お子さまが摂取したものにより細菌性食中毒またはウイルス性食中毒を発病した場合に補償します ・特定感染症 お子さまが補償期間中に法令で定める特定感染症(一類~三類感染症)を発病した場合に補償します ・地震補償 地震もしくは噴火またはこれらによる津波によってケガなどをした場合に補償します。 ・持ち物 授業・登下校中にメガネなどの身の回りの物が破損したときの備え ・犯罪被害 犯罪行為またはひき逃げなどに巻き込まれたときの備え ・傷害(ケガ) ケガをして入院・通院したときや手術をしたときの備え ・病気死亡 お子様が補償期間中に病気をし、発病期間中または発病から180日以内に亡くなった場合に、実際に負担した葬祭費用を補償します ・育英費用 扶養者の方がケガをし、事故の日から180日以内に死亡または所定の重度後遺障害を負った場合に補償します。   補償内容は保険によって異なります。ここでは九州のPTA連合会の分でとりあげています。 補償の対象となる補償項目については、パンフレット記載のプラン表でご確認ください。

自動車保険等に特約(オプション)として加入

個人賠償責任特約(日常生活賠償特約)

(※ここからの特約は我が家で加入しているあいおいニッセイ同和損害保険に沿って説明します) 日常生活賠償特約とは日常生活の賠償事故を補償します。 我が家では次女が小学生の頃、自転車に乗っていました。遊びに行くときくらいしか乗らないのですが自転車保険は必要だと思いました。我が家では自動車を持っているので、自動車任意保険に加入しています。その自動車保険に日常生活賠償特約(個人賠償特約)というのをつけていました。 火災保険などにも特約でつける事が出来ます。 簡単にどういったときに補償するのかというと、 ・他人にぶつかりケガをさせてしまったら ・他人のものを壊してしまったら 記名被保険者、またはそのご家族の方が、日本国内外での日常生活の偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人の財物を損壊させたこと、または日本国内で電車等を運行不能にさせたことについて、法律上の損害賠償責任を負担した場合に、保険金をお支払いします。 日常生活賠償特約(個人賠償特約)は自転車だけではなく他人の物を壊したりしたときに賠償責任が発生した場合にも使えます。例えば、飼い犬が近所の子供にかみついた場合や、買い物中にうっかり展示してある商品にぶつかり壊してしまったなど、賠償事故を補償します。

交通事故特約

交通事故特約とは ご契約のお車に乗車中の事故、他人の自動車に乗車中の事故、歩行中や自転車乗車中などの自動車事故に加え、自転車に乗車中や駅構内の階段で転んでケガをした場合など、自動車事故以外の交通事故で、被保険者(注1)が死傷した場合に保険金(注2)をお支払いします。

  • (注1)本特約の被保険者の範囲は、人身傷害保険、および自動車事故特約と同じです。ただし、自動車事故以外の交通事故は、記名被保険者、およびそのご家族の方が被保険者です。
  • (注2)人身傷害保険に定める支払保険金の計算方法、および損害額基準に基づいてお支払いします。ただし、自動車事故以外の交通事故の傷害による損害は、人身傷害保険に定める損害額基準のうち、積極損害(治療関係費など)のみお支払の対象です。休業損害、精神的損害はお支払の対象ではありません。

    あいおいニッセイ同和損害保険のホームページに載っています。 つまりこの特約は自転車に乗っているご自身が転倒してケガをしてしまったらの場合に対応しています  

 

ご自身や家族の自転車の方が自転車での転倒や他の自転車との接触、駅構内での転倒等、自動車事故以外の交通事故により死傷した場合にも保険金を支払う特約です。

自転車保険特約

保険会社で内容が異なります。確認が必要です。 ※自転車特約はあくまでも自動車保険に付帯された特約のひとつなので、補償範囲は限定されたものとなります。 ※任意の自動車保険に特約でつけることができるものが損保会社にはあるので、もし自動車保険に加入されている方は一度、内容等を保険会社に確認をしてみて下さい。

まとめ

ネットで調べれば自転車保険はたくさん出てきます。ネットで申し込みもできる保険もありますが、特約は主契約の保険がないと特約だけでは加入はできません。 自動車任意保険に加入されているなら一度、契約されている代理店、保険会社に問い合わせてみられたらいいと思います。 個人賠償責任特約ともいいます。どこの損保会社も同じような特約があると思います。特約なら簡単に主契約の保険に追加できます。 他には単独で自転車保険もありますし、自分のケガだと傷害保険に加入していれば補償できます。   最後にポイントとしては ①自転車で他人や他人の物を傷つけてしまうリスク → 相手への賠償 個人賠償責任保険、自転車保険、子ども総合保険 ②自転車で自分がケガをしてしまうリスク → 自分のケガ 傷害保険、自転車保険、子ども総合保険   特約だと主契約の保険につくので保険料は安くすみますが、補償が限定的になるので内容を把握して申込をしてください。 自転車保険には自転車ロードサービスが付帯されているものも結構あるようです。よく自転車に乗る方は自転車保険もいいでしょう。 自転車に乗る人だけが対象だったり、同居されている家族みんなな補償の対象だったりいろいろなパターンがあると思います。 今は学校でも入学式の時とかにも自転車保険の事は話されると思います。 リスクのどこまでの補償が必要なのか、あとは保険料を考えて、お子様にあった保険をいろいろ検討されるといいと思います。    

お問い合わせ

    損保大学試験【法律】勉強方法

    損保代理店に勤務している方は保険に係る試験を受けないといけません。損保大学課程は代理店に勤めるからといって必ず受験しないといけないわけではありません。私が勤務している会社でも強制ではありませんが、会社の従業員育成プログラムとして組み込まれています。私は自主的に受けました。自分のスキルアップとモチベーションを維持するためです。

    今回は法律の損保大学課程の内容や、勉強方法をみていきたいと思います。

    内容

    損害保険には、①損害保険募集人一般試験②大学課程専門コース③大学課程コンサルティングコースがあります。

    私は①の資格はもっているので、次は専門コースを受験します。

    そして1.法律、2.税務があります。それぞれ試験を受けないといけません。この2つに合格して、「損害保険プランナー」として認定されます。

    合格点

    合格点:100点満点 70点以上 

    試験時間:60分 

    問題数:20問

    受験費

    1単位:1900円
    2単位:3500円(法律と税務 2単位同時に受けることもできます。)

    日時・試験の受け方

    月曜日から土曜日に開催されている会場で受けることができます。申込は『日本損害保険協会』HPからします。

    https://www.sonpo-dairiten.jp/navi/moshikomi/tejun.html

    会場によっては、開催されていない、空席がないなどありますので、申込は余裕をもって早めに受験の日時の決定をされた方がいいと思います。

    申込は、試験日の90日前からできます。

    試験は会場でパソコンでします。テキスト持込はもちろんありません。パソコンの画面上もテキストはでてきません。

    申込後のキャンセルできる?

    キャンセルはできます。支払方法によって期限が異なります。

    クレジットカードで支払われた方は、受験日の3営業日前まで。(受験日が土曜日の場合は4営業日前)どちらも20:00までです。

    コンビニやペイジーで支払われ方は、受験日の7営業日前まで。(受験日が土曜日の場合は8営業日前)どちらも20:00まで。

    ちなみにコンビニやペイジーで支払うようにしていて、期限までに支払いをしないと自動でキャンセルとなります。

    テキストは?勉強方法は?

    テキストはサイトから直接購入しました。

    テキストと練習問題がセットで各660円です。私は、法律と税務と一緒に注文しました。

    詳細は↓

    https://www.sonpo-dairiten.jp/daigaku/program/kyouzai.html

    私の勉強方法は、練習問題をひたすら解きました。テキストはほぼ見ませんでした。1ケ月くらいかけて出来るときは、1日30分程度勉強しました。

    テキストも使って勉強したほうがいいのでしょうが、時間がかかり過ぎるので、問題を解いてわからない事があればテキストで確認をしていくという感じでしか使用しませんでした。

    私は資格をとるための自分の勉強のやり方があります。練習問題や過去問をまず解くのですが、間違った箇所やわからない問題には答えと解説をその問題の近くに赤ペンで書き写します。見直しもそれしか使いません。とにかく問題と解説と答えをセットで覚えていく方法です。

    問題傾向がわかるのでこのやり方は、合格へ近くなると思いますので、ひたすら問題、過去問をするのは、おすすめです。

    最近は、YouTubeでもわかりやすく解説されているものがあるので、気になる方は参考に見てみてください。

    合否結果はいつ?

    試験結果は、受験日の3営業日後の翌日から確認できます。

    確認方法 → 募集人・資格情報  → 個人向けメニュー → ID・パスワードを入力 → 受験票の印刷/試験結果の確認/申込状況等(左側にあります)→ メインメニュー → 試験結果確認 

    https://www.sonpo-dairiten.jp/navi/kekka/index.html

    まとめ

    私の試験の結果は75点でした。70点以上が合格なのでまあなんとか合格でした。

    私は仕事も生保の方が割合が多いので、損保はちょっと苦手でもあります。なので損保の試験もちょっと受けるのを見送っていました。

    次回は税務を受験します。

    税務はもっと勉強時間を増やして、いい点数で合格するようにします。

     

    お問い合わせ

      台風被害のカーポート修理は火災保険で補償されるのか?

      昨年は本当に台風でこわい思いをしました。

      私は九州在住です。2020年、台風9号に続き、過去最強クラスといわれていた10号がきました。9号も風が強くて、私が過去に経験した台風の中ではもっとも風は強く感じました。完全に甘くみていました。

      それよりもはるかに勢力が強い10号。ニュースで最大瞬間風速80m以上とか、雨も100年に1度と何回も何回も報道されていたので、台風がくる2、3日前にはスーパーで買いだめする人が大勢つめかけ、どこのお店でも行列ができ、食べ物はカップ麺、飲料水、パンは全てといっていいほど棚からなくなりました。

      もちろん養生テープなんて買えませんでした。ロープも売切れでお店にないということでした。

      我が家でも、生まれて初めて台風対策を真剣にしました。窓には布テープをして、そして段ボールをつけて、庭の物は全てかたずけました。

      それなのに、カーポートの屋根が飛んでしまったのです・・・。

      報道されていたよりも勢力が強くならなかったからこれくらいですんだのですが。停電もなりましたが、5分もしないくらいでつきました。でも風はやはり強かったです。初めて避難したという人も周りには多かったです。

      それにしても、カーポートの屋根が飛んだのはショックでした。そこは対策していませんでした。早速、我が家で契約している火災保険の内容を確認しました。

      台風の時にはどこまで火災保険で補償されるのかみていきましょう。

      火災保険とは

      保険の対象で2種類に分かれます

      建物・・・『建物とは、土地に定着し、屋根および柱または壁を有するもの』

      建物本体、建物の基礎、門や塀や垣、車庫、置物など

      家財・・・『家財とは、生活動産をいいます』

      家具、家電製品、衣類など

      火災保険は損害保険の一種で、火災や落雷、風水害などの事故によって生じた建物や家財の損害を補償する保険です。家で出火を起こしてしまい、建物や家財が損害を受けた場合、さまざまな経済的ダメージを受けることになります。家を建て直したり、家具をそろえ直したりするには、かなりの費用がかかってきます。火災保険は、そのような火災の経済的なリスクをカバーしてくれる「住まいの保険」です。

      台風被害は火災保険でどこまで補償される?

      ・水災補償

      水災とは・・・台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水・高波・土砂崩れ・落石等をいいます

       〈例えば〉

      豪雨により土砂崩れが発生し、家が全壊してしまった・・・建物

      豪雨により床上浸水となり電化製品などが壊れてしまった・・・家財

      ・風災補償

      風災とは・・・台風、旋風、竜巻、暴風等をいいます。(洪水、高波は風災に該当しません)

      強い風の条件は、最大瞬間風速が秒速20m以上の風であることです。そのような風によって生じた被害や損害が火災保険の申請対象となります。

      〈例えば〉

      台風による強風のため屋根瓦や窓ガラスが壊れた・・・・建物

      台風による強風のため窓ガラスが割れてしまい、窓から風雨が吹き込み、室内の家具が壊れてしまった・・・家財 

      ・落雷補償

      〈例えば〉

      落雷により、電化製品が壊れてしまった・・・・家財

       

      このように、保険によって補償される対象や範囲が違います。

      カーポートは補償対象?

      私が実際に直面した事故です。台風の風でカーポートの屋根が飛んでしまったら?

      一般的には、火災保険で補償されます。

      しかし、契約内容の確認をしてください。風災補償を付けていなかったら当たり前ですが、補償対象外になります。

      そして、なかには物置、車庫、その他付属建物が保険の対象となっていない場合もあるので保険の契約内容の確認が必要です。

      また、カーポートの修理やリフォーム工事の費用が「20万円以上」でないと補償を受けることが出来ない場合があります。

      保険料を安くするために20万円以上の損害の場合のみ補償される等あるので、確認が必要です。またこれから加入される方はよく検討された方がいいですね。

      ちなみに我が家のカーポートの修理代は、家を建てた時に住宅金融公庫で火災保険に加入していたので(正確には、加入しないといけなかった)、その火災保険の建物の分で請求をしました。質権がついていますので、取り扱いの金融機関に請求金額が振り込まれるのが原則です。しかし、我が家の場合はカーポートの修理代で数十万円だったからか、我が家の銀行口座に無事に振り込まれました。

      その他のいろいろな補償や特約

      保険会社によって特約の名前や内容は違うと思いますが、同じような内容の特約や自動付帯でセットされるものもあります。

      臨時費用保険金・・・臨時の出費にあてる費用。損害保険が支払われる場合に支払われる。

      片付け費用保険金・・・損害保険が支払われる場合に損害を受けた保険の対象の片付けに必要な費用で実際にかかった費用が支払われる。

      など。

      台風であっても火災保険の補償が受けられない場合

      経年劣化の場合や被害発生から保険請求までに3年以上経過している場合など(保険会社によっては独自の時効を設定している場合があります)

      まとめ

      今までは、大きな災害もないところで生活をしていましたが、今回の9号、10号の台風で考え方がガラリとかわりました。災害は日本のどこで起きるかわかりません。本当に大きな災害が毎年、何か所も何回もおきています。

      火災保険は住宅公庫関係で加入し、家財保険もなんとなく加入はしていましたが、中身はあまり気にしたことがありませんでした。でもこれをきっかけにもう一度、保険の確認をして、不足している部分をまた検討するようにしました。

      火災保険は年々保険料が上がっています。火災保険に加入しているから安心ではなくて、加入するときは安い方がいいのでこの分はいらないかなと、補償を外してしまっている部分があるかもしれません。実際、あると思います。

      我が家の保険も20万円以上の損害がないと請求できないタイプでした。

      私の考えとしては、火災保険の建物も家財も加入した方がいいと思っています。自分が実際に、経験をするとやはり加入していてよかったと心から思います。

      日本のどこで水害、台風被害があってもおかしくない時代です。火災保険に加入しているなら、まずは契約内容を確認です。

      もし被害にあってしまって、保険請求できるかわからない時は、契約している保険代理店や保険会社に問い合わせてみましょう。

      ※台風や水害があった後は、詐欺なども横行します。わからない時は加入している保険会社や代理店に問い合わせた方がいいでしょう。

       

      お問い合わせ

        台風や水害での自動車の損害は保険で対応できる?等級は下がる?

        近年、大型台風が猛威をふるっています。

        昨年は、大型で非常に強い台風10号が北上しました。私は九州在住ですので、とても不安な時を過ごしました。その数日前には台風9号も上陸したばかりです。9号はそんなに警戒していなかったのですが、記憶の中にある台風の中では1番、風が強くて、自宅にいたのですがとても怖かったです。

        そして気になったのは家もですが、車を2台所有していますが、台風の時など風で物が飛んで車にあたり、車にキズがついたら?大雨が降り車が水没したら?自動車保険で補償されるんだっけ?と心配になり自動車保険の内容を改めて確認しました。

        車の台風被害といえば、主に上げられるのは、

        『強風による飛来物』

        『洪水による浸水』

        などでしょうか。

        どういう保険に入れば車を守ることができるでしょうか?そして等級は下がるのか?みていきましょう。

        自動車保険とは

        自動車保険にはいわゆる強制保険と任意保険の2種類があります。強制保険とは自賠責保険のことで、法律で加入が義務付けられいます。任意保険は名のとおり任意で加入します。強制保険だけでは保障が足りないので、ほとんどの方は任意保険にも加入されていると思います。

        自賠責保険は相手(他人)に身体の損害(ケガ・死亡)させた時に補償されます。

        一方、任意保険は、相手(他人)、財物の損害(物・車)、自分の身体の損害、自分の車の損害にも対応できる保険です。

        車両保険特約とは

         

        自分の車の修理代を補償します。

        自動車の任意保険に付加する、通常車両保険特約には一般と車対車(車同士の事故)とに分かれます。

        一般車両特約

        簡単にいうと、自損事故にも自分の車の損害をも補償してくれる。

        車対車車両特約

        簡単にいうと車同士の事故の場合に自分の車の損害を補償してくれる。

         

        ※それぞれの呼び名は保険会社によって違います。細かい保障内容も違いますので、詳細は加入されている保険会社で確認をしてください。

         

        強風による飛来物

        台風や、強風で物が飛んできて車が傷ついた場合などは、車両保険特約で対応できます。

        台風に限らず、飛来物によって車が損害を受けた場合にも、一般でも車対車でも車両保険の特約に加入していれば補償されます。

        洪水により水浸

        最近は台風ではなくても、ゲリラ豪雨もよくありますし、雨が同じ場所で停滞し大雨を降らすことがたびたびあるようになりました。

        車が浸水してしまったら、もちろんこういう場合ににも車両保険特約を付加していれば車は補償されます。

        他には、大雨の影響により、車がスリップしてガードレールに追突してしまった時、車両保険で補償されるのですが、これは自損事故でも補償されるタイプでないと保険金はおりません。

        私が住んでいる県内でも昨年と一昨年と大雨が降り、大きな水害がありました。建物が水に浸かり、車も何台も水没したとニュースで報じられていました。

        等級は下がる?

         

        保険を使うと通常は等級は下がってしまいます。1等級下がる保険会社が多いと思います。等級が据え置きの保険会社もあるかもしれません。

        私が加入している保険は1等級ダウン事故になります。

        1等級ダウン事故にあてはるもの

        ・台風、竜巻、洪水または高潮

        ・飛来中または落下物の他物との接触

        そして事故有係数というものがありますが、それもカウントされます。

        要するに、保険を使って修理をすると、次回更新で保険料が上がってしまうということです。

        詳細は、加入保険会社や加入している代理店での確認をお願いします。

        免責について

        車両保険を付帯するときに注意ポイントがあります。

        車両保険を付帯すると免責0-10万円 5-5万円 など免責を決めると思います。

        免責とは損害が発生しても保険会社が保険金を支払う責任を負わないことです。

        つまり、免責0-10万円というのは、1回目請求した場合は0円で、負担はありませんが、2回目請求する場合は、10万円負担をしなければなりません。例えば、免責5-5万円にすれば、1回目から5万円負担をしなくてはいけなくなります。契約者が負担する金額を設定するので、保険料は安くなるのですが、いざ5万円負担して、保険を使うのって結構イヤじゃないですか?5万円払って、次保険料も上がる・・・。

        私はおかげさまで、最近は自動車保険は使う事がないので免責を5-5万円と付けていました。保険料を安くするために。でも台風の怖さを知り、もしかしたら車が飛来物で傷ついたら・・・、5万円負担するのはやっぱり嫌だと思い、0-10万円にしました。

        まとめ

         

        今回は台風や水害などの場合の保険について自分の自動車の補償について紹介しました。

        まとめとしては、車両保険の特約に加入していないと、台風や水害などの場合に自分の自動車の修理は自費でという事になります。もちろん、車両保険に加入しているから必ず保障される訳ではありません。保険金を出すか出さないかは保険会社が決めることです。いろんなケースがありますので、その時の状況などから判断されると思います。

        とはいえ、車両保険に加入していないと間違いなく自費なので加入されることをおすすめします。最近は本当に大きな災害が日本中で起こっています。保険料はその分高くなってしまいますが、こんなに災害が多いと・・・。

        リスクに備えていた方がよさそうですね。

         

        お問い合わせ