自分に合う民間介護保険の選び方

誰でも迎える老後の不安は老若男女問わずあるといわれています。高齢化が進む日本では老後の不安は少なからずあるはずです。公的介護保険制度もありますが、それだけでは不安です。介護サービスを受けるのも自己負担があり、サービスによっては全額自己負担ものもありますので、やはり早い時期から資金の準備は必要なのかなと私は思います。

では民間の介護保険の選び方はどうすればいいでしょうか。介護保険も生命保険同様に、会社や商品で内容に違いがあります。自分に合った介護保険をみつけてみましょう。

どういった民間の介護保険があるの?

今は民間の生命保険会社からもいろいろな介護保険が出ています。

・貯蓄性があるか掛け捨て型か

貯蓄性がある商品は掛け捨てよりももちろん保険料は高くなります。

掛け捨てのメリットとしては、貯蓄性がある保険よりも保険料は安いです。その分保障を大きくすることもできます。デメリットは、介護状態にならずに給付金対象に該当しなくて、解約しても解約返戻金がないということです。

最近の医療保険に介護特約としても付加することができますね。特約の部分は私が知る限り掛け捨てです。

貯蓄性がある商品は要介護の保障以外に、高度障害状態や死亡した時にも保険金が下りるタイプがおおいです

・受取り方は一時金か年金受取りか

一時金は保険会社の所定の介護状態になったときや、保険の内容の要介護の段階に認定されたときに一括で保険金を受け取ります。年金は文字通り、介護状態になったときに年に1度、契約時に決めた年数もしくは終身で保険金を受取ります。

一時金で受け取るメリットは、介護用品、自宅で介護を受けるなら改装費が必要となる場合には、まとまったお金が入り助かりますよね。デメリットは、介護期間が思った以上に長引き、資金が不足するかもしれないということですね。一時金を年金で受け取れる保険商品もありますので契約前には選択できるか確認するといいですね。

・認知症対応か、要介護の段階は?

認知症に特化した保険もあります。

要介護といっても、要介護1~5までの段階があります。公的介護保険制度の要介護2と認定されたら給付対象となるのが多いのかと思いますが、保険商品によって要介護1と認定されたら給付の対象もありますし、要介護3となったら給付対象ですよ、と様々です。

あとは保険金の支払い条件には、各会社の所定の条件などもあるので、契約前には必ず確認をしてください。どういった時に給付されるということを。

要介護状態になったからといって、すべての介護保険の給付対象になるわけではないので注意が必要です。

どのようにして準備するか(貯めるか)

介護費用(月々)×介護期間(年間)=介護に必要な資金

以前、介護保険の費用は平均値から出して、約500万円は必要としました。(※もちろん、介護の場所や、介護をしてもらう人、介護期間はさまざまなので、これでは全然足りる・足りない場合もあります)

とりあえずお金がかかるのは分かっていただけたと思います。生命保険で準備するとすれば、どのような介護保険がいいのでしょうか。

〈生命保険〉

・掛け捨ての介護保険

掛け捨てでもかまわないので保険料を抑えたいという人向き。

・医療保険の介護特約の付加

医療保険に特約として追加できるものがある。医療保険とまとめてでシンプルに管理したい方向き。通常、この特約は掛け捨てです。

・貯蓄性がある介護保険(死亡保険、高度障害状態)

介護だけではなく、死亡や高度障害状態にも備えたい。解約した場合、解約返戻金があるほうがいいという人向き。保険料は掛け捨てよりも高め。

・外貨建て介護保険

外貨建ての介護保険は円で支払って、外貨に換えて外貨で運用します。例えば米ドル建ては、金利が円よりも高いため保険料は安く抑えられますが、為替によって円で支払う保険料が変わってしまいます。しかも、最近は外貨の金利も低くなったため、以前ほど保険料は安くなくなりました。外貨も持っていたいという人や、為替リスクをわかっている人には向いているかもしれません。

保険金受取りや、解約返戻金は基本、外貨で受け取ります。

外貨口座があれば外貨のまま基本保険金の受取りが出来ます。銀行によって手数料が違いますので、事前に確認が必要です。比較的ネット銀行が安いです。

円でもらうこともできますが、為替手数料もかかりますし、その時の為替レートで計算されますので、円で受け取る場合には注意が必要です。為替相場によっては支払った保険料よりも受け取る金額が下回る場合があるということです。

・変額保険

変額保険で介護の保障をしてくれます。変額保険なので、契約した基本保険金よりも資産が殖える可能性があります。その逆で、基本保険金よりも下回る場合もあります。介護・死亡・高度障害に対応している保険があります。

リスクがある保険なので、外貨建保険同様、元本割れを絶対にしたくない人には向いていません。変額保険について理解できるかたはおすすめです。

まとめ

あなたはどのタイプにあてはまりましたか?

私は、変額保険もしていますし、投資信託もしているので第一候補は変額保険です。

その次は外貨建保険です。外貨口座も持っていますし、外貨を保有してもいいかなと思っているからです。

どちらも貯蓄性があるので、死亡保険金もありますし、解約をすれば解約返戻金もあります。とにかくお金を準備したいのです。万が一の時の保障もあり、現金化もできる保険です。

私の両親は介護状態になったら施設にいくと言っています。両親は、それぞれ年金も割と貰っているので、現時点では親の介護費の心配はしていません。問題はやはり私(40代)たち夫婦です。年金も将来どうなるかわかりませんし、今後、公的介護保険制度も今と同じではないでしょうし、はやりお金は必要です。自分で準備するしかないのです。

人生100年時代といわれています。100歳まで元気でいれたらいいのですが、それもわかりません。今私は40代です。健康で生活習慣病にならないように予防をすることや、保険に加入し、お金を貯めていくしかありません。

保険で準備しようと思っている人は、内容をきっちり理解してから加入してください。そして、万が一介護状態になっても、お金の面で心配しないでいいように安心して老後を迎えたいですね。

 

お問い合わせ

    元気で長生きするために知っておこう要介護になりやすい生活習慣病や疾患

    介護が必要になる要因には、生活習慣が深く関係しているといわれています。偏った食事や運動不足などの習慣などがもとで発症する生活習慣病が、全体の3割を占めています。

    前回では要介護になったときの保険の話をしましたが、できれば介護されないで長生きをしたいですよね。今回は、要介護になりやすい生活習慣病や疾患、ならないための生活習慣について話したいと思います。

    要介護になりやすい生活習慣病

    ★脳血管疾患(脳卒中)・・・脳の血流が突然悪くなる病気

    ・脳梗塞・・・脳の血管が詰まることにより脳細胞が壊死する

    ・脳出血・・・脳の血管が破れて脳の中に出血する

    命を落とすリスクが高い。意識障害や、手や足のしびれ、言語障害が残ることがあります。脳血管性認知症となることもあり、要介護の最大の要因となっています。

    ★心疾患(心臓病)・・・心臓の筋肉に栄養や酸素を運ぶ冠動脈がふさがることでおきる心臓の病気

    ・心筋梗塞・・・血栓によって冠動脈が完全に詰まり、心筋の一部が壊死する

    ・狭心症・・・心臓の筋肉に供給される酸素が不足するために胸部に一時的な痛みや圧迫感が起きる病気

    重い心臓病になると、発症者の3~4割が死亡し、病気が治っても、運動や日常生活に大きな制限がかかります。

    ★糖尿病・・・体内のインスリンの働きが悪くなり、血液の血糖値が高い状態が続く病気

     初期は自覚症状がほとんどありません。しかし、そのままにしておくと脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。そして、さまざまな合併症を引き起こすことがあります。

    ★悪性新生物(がん)・・・体の中にある正常な細胞が突然変異をし、他の組織や細胞を破壊しながら増殖していく病気。体や周囲の状況を無視してふえ続けます。

    後遺症や合併症により介護が必要となることがあります。

    要介護になりやすい疾患

    ★認知症・・・いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりして、日常生活・社会生活を営めない状態のこと

     ★骨折・転倒・・・骨折はつまずく、滑ることなどのきっかけに転倒することで起きています。

     骨折は、屋外ばかりではなく、自宅などの屋内でも発生します。

    要介護にならないための食生活

     食生活は、誰でもわかりますね。1日3食、バランスがとれた食事をすることですね。肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などタンパク質が豊富な食品を取り入れるといいといわれています。

    要介護にならないための運動

    日常生活の中で、無理がない適度な運動をこころがけましょう。

    例えば、

    • ウォーキング
    • ハイキング
    • ジョギング
    • 水泳
    • ゴルフ
    • ラジオ体操

    など無理をしないで楽しくできたらいいですね。

    要介護にならないための生活習慣

    • 飲酒
    • 喫煙
    • 睡眠
    • 歯科検診を受ける
    • 健康診断を受ける

    生活習慣病を早く発見するためにも、定期的な検診は重要だと思います。お酒をたくさん飲む、喫煙は誰もが体に良くないとわかりますよね。

    私は、歯も元気で長生きする事には重要だと思っています。私の祖母は100歳超えていますが、自分の歯を結構もっています。量的にはたくさんは食べませんが、好きな物は「おいしいね」といって自分で食べています。これこそが長生きの秘訣なのかなとも思います。『食べることは生きること』だと思っています。

    まとめ

    いかがでしたか?生活習慣をよくすれば成人病も気を付けることができるし、要介護にならないためにも、今すぐにでも出来る事は実践したいですね。

    これから高齢化はもっと進んでいきます。介護費も必要だと思いますが、まずはならないように生活習慣を見直してみましょう。

    介護してもらわないように健康で、バランスの取れた食事、ストレスがかからない生活をして、元気で長生きしていきましょう。

    お問い合わせ

      【老後の不安】民間の介護保険は必要か?

      みなさんは将来の介護について考えることはありまか?年齢や性別でも介護については考え方が違うと思います。私は40歳半ばです。両親もまだ健在です。夫の母もまだ健在です。まず考えるのは親の介護のことです。そして、次は自分が将来、介護が必要になったときにどうしようかと、最近考えるようになりました。

      中には「公的介護保険制度があるから大丈夫じゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
      はたしてそうなのでしょうか?

      民間の保険会社からも介護保険はいろいろありますよね。最近では“認知症保険”など認知症に対応した保険商品もよく目にしますね。

      まずは公的介護保険制度とはどういうものなのか理解をして、そこから民間の介護保険は必要かどうかを検討してみたいと思います。

      公的介護保険制度とは

      公的介護保険制度とは、公費と被保険者(原則40歳以上の国民)の保険料を財源として、(40歳以上の方はわかりますよね。40歳になると介護保険を払わなければなりません。)介護が必要になったとき、市区町村から認定を受ければ、公的介護保険の介護のサービスを受けることができる制度です。

      表にしてみました。

      介護保険

      ※16種類の特定疾病とは

      • がん
      • 関節リウマチ
      • 筋委縮性側索硬化症
      • 後縦靭帯骨化症
      • 骨折を伴う骨粗しょう症
      • 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管疾患などに基づくもの)
      • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核性変症およびパーキンソン病
      • 脊髄小脳変性症
      • 脊柱管狭窄症
      • 早老症
      • 多系統萎縮症
      • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
      • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
      • 閉塞性動脈硬化症
      • 慢栄閉塞性肺疾患
      • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

      40歳以上65歳未満の保険加入者は、つまり事故や特定疾病以外の原因で介護が必要になっても介護保険の対象とはなりません。

      介護サービスという現物の給付として、利用者は1割または2割の自己負担があります。

      公的介護保険の流れ

      ①地域包括支援センターに相談

      ②要介護・要支援認定の申請

      ③要介護認定の調査

      ④要介護認定の判定

      ⑤認定・通知

      ⑥利用可能なサービスの確認

      ⑦ケアマネージャーとケアプランを作成

      ⑧サービス事業所と契約。サービスの利用開始

      ここでポイントです。申請から認定までには時間がかかるという事です。約1ケ月ほどかかるといわれています。

      どういう問題がおきるか、申請から認定されるまでの1ケ月はどうするかということです。ここの1ケ月の準備も必要になってくると思いませんか?

       

      介護が必要になったら誰に介護してほしい?

       

      1. 配偶者
      2. 子の配偶者
      3. その他の親族
      4. 事業者(介護関係)

      以上のどれになりますか?
      ほとんどの方は家族に迷惑はかけたくないと考えませんか?
      私は5.の事業者です。できれば施設にはいりたいと思っています。そうなるとある程度まとまったお金が必要だということがわかりますよね。
      もし、家族だったら、自宅を介護用に改装、介護用品も必要になります。
      誰に介護してもらいたいかで、必要な金額がなんとなくみえてきますね。

      具体的に介護保険はいくら必要か?

      介護に必要とされる資金の考え方

      一時費用+月々の費用×介護期間=介護資金

      ・一時費用・・・住宅の改装や介護用品(介護ベッド等)の購入など。

      平均は約69万円

      ・月々の費用・・・介護用品の購入費やサービスの利用費の自己負担分など。

      平均は1ケ月約7.8万円

      ・介護期間

      平均は54.5月(約4年半)

      <生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/平成30年度>引用

      その平均値で介護費用を計算してみると、

      69万円+7.8万円×54.5ヶ月=4,941,000円

      平均では、約500万円の介護費用の準備が必要になるということですね。

      ※あくまでも平均値です。自宅で看てもらいたい人、施設に入りたい人では、かかってくる介護費はちがいます。受けるサービスや施設でも金額は全くちがってきます。

      まとめ

      簡単に説明をしていきましたが、それなりのまとまったお金が必要だとわかっていただけたでしょうか?

      誰もが迎える老後の不安のひとつに介護は必要な費用や、介護期間が明確ではないということです。介護期間が長くなればなるほどお金はたくさん必要です。

      お金をもっていれば問題ありませんが、民間の介護保険も老後の備えとして選択肢のひとつにいれていいのではないでしょうか。

      結果、私は必要だと思います。

      介護保険も掛け捨てなのか、貯蓄性があるのか、認知症に対応したほうがいいのか、さまざまです。掛け捨ては安いが、介護状態にならないと保険の給付はありません。貯蓄性がある商品は、解約をすれば解約返戻金があり、死亡の保障がついていたりします。その分保険料は高くなります。

      外貨建ての介護保険も多数あります。円建てよりも安い保険料が魅力かもしれませんが、為替リスクがあることと、最近は金利が安くなりそこまで魅力はないかもしれません。とはいえ円建てよりも保険料は安いです。

      私は掛け捨ての介護保険に加入しています。介護状態になれば一時金が給付されます。でも、貯蓄性がある、死亡でも給付される介護保険に追加で加入したいと考えています。

      介護が必要になったときでも介護保険料、健康保険料は払い続けなければなりません。

      公的介護保険制度を利用して介護サービスを受けるのにも自己負担金が必要です。兎にも角にもお金はかかるものです。

      どんな手段であれ、お金は絶対必要なので早めの準備をした方がいいですね。

       

       

      お問い合わせ

        新型コロナウイルスの検査費、治療費は生命保険で給付される?公的保障は?

        2019年12月に中国湖北省武漢市で確認されて以来、新型コロナウイルスは世界中で感染が広がっています。
        2020年2月には日本でも感染者、死亡者ともに増え続けています。
        緊急事態宣言も全国へと広がりをみせています。
        誰が感染してもおかしくないような状況になってしまいました。
        もし自分が感染してしまったらと不安な方もたくさんいらっしゃるでしょう。私もそうです。命の心配ももちろんありますが、ここでは、検査費はどれくらい?入院したら費用は?働けなくなったら?などお金にまつわることをまとめてみました。

        新型コロナウイルスでの公的保険の扱いは?

        ・新型コロナウイルス感染を判定するPCR検査は3月6日から保険適用となり、医師の判断による診療の一環としてとして行われていますが、費用については公費負担となっており、自己負担はありません

        ・新型コロナウイルスで入院した人の医療費は公費で負担されるので自己負担はありません。新型コロナウイルス感染患者のうち、軽症者や無症状者については宿泊施設や自宅での療養が可能となる。
        宿泊施設での療養(宿泊療養)については、「同居家族に高齢者や医療従事者がいる」場合を優先し、ホテル代や食事代はかからないが、タオルなどの日用品の費用は患者負担となる。

        ◆傷病手当金

        傷病手当と、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。業務外の病気・ケガで仕事を休み、給与の支払いがない場合に4日目以降から最長1年6ケ月にわたって健康保険から支給されます。

        新型コロナウイルス感染症に感染し、その療養のため労務に服することができない方については、他の疾病に罹患している場合と同様に、その療養のたまに労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、直近12ケ月の平均の標準報酬日額の3分の2に相当する金額が、傷病手当として支給されます。

        ◆休業手当

        新型コロナウイルスに感染した人は、都道府県知事が行う就業制限対象者に該当します。そのため、休業する場合でも休業手当の対象とはなりません。

        しかし、感染疑いの状態のときに使用者の指示により休業するならば休業手当の支払いとなります。

        ◆労災補償

        業務または通勤に起因して発病したものであると認められた場合には、労災保険給付の対象となります。

        (詳しくは、事業場を管轄する労働基準監督所に相談)

        新型コロナウイルスでの生命保険の扱いは?

        ◆医療保険

        もし新型コロナウイルスに感染し、医師の指示のもと入院をしたら、通常の疾病と同じく入院日数に応じて医療保険から給付金が支払われます。

        ◆死亡保険

        新型コロナウイルスが原因で死亡した場合も、死亡時と同様に死亡保険金が支払われます。

        ◆就業不能保険

        就業不能保険については対象外となるケースが多いようです。基本的に就業不能保険は60日間や180日間など、各保険会社の契約内容によって違います。このように支払対象外となる期間が設けられています。今回の新型コロナウイルスの場合、それほど長い期間、就業不能状態になる事は稀だと考えられます。

        まとめ

        新型コロナウイルスについてのQ&Aは厚生労働省のHPから見る事ができます。内容は日々変わるかもしれませんので、詳しくはHPの確認をしてみて下さい。

        民間保険の給付金は、各保険会社によって内容が異なる場合がありますので、詳細はHPやコールセンターなどで確認をしてみて下さい。

        本日、全国に緊急事態宣言が発令されました。まだまだ不安な日々は続きますが、冷静にリスクを避けて感染せずに、そして近いうちに落ち着きを取り戻せたらいいですね。

         

        お問い合わせ