【出産準備品】出産前出産後に購入した用品/春生まれ

娘が出産をして1年が過ぎました。元気にすくすく育っています。孫というものは本当にかわいいものです。

出産を控えている方は何を購入していいか悩みますよね。今はベビー用品を扱っているお店や、出産の雑誌でも容易するものがリスト化されています。

今回は私の孫の場合ですが、出産前に準備した用品と、出産後に購入した用品をピックアップしてみました。

出産前に購入した用品

ママのための用品

マタニティの服 パンツ 3着
産前用ショーツ  3枚
腹帯  2枚
産前産後兼用ブラジャー  3枚
保湿クリーム  1
母子手帳ケース  1
マタニティパジャマ(入院用)前開き  2着
産褥ショーツ  2枚
産後用骨盤矯正ベルト 1枚

赤ちゃんのための用品

肌着とウエア

短肌着  2枚
コンビ肌着  3枚
ツーウエイオール  4枚
ツーウエイオール(退院用) 1枚
靴下  2足
帽子  1
おくるみ 1

おむつ

赤ちゃん専用洗濯洗剤  1
赤ちゃん専用柔軟剤  1
紙おむつ(新生児用)  5セット
おしりふき  1箱
おむつ用ばけつ(ふたつき)

授乳用

乳首の洗浄綿  1箱
授乳クッション
哺乳瓶 (家にあったものを使用・自分の子どもで使っていたもの)  2
哺乳瓶を消毒する容器 (家にあったものを使用・自分の子どもで使っていたもの)

ケア用品

ベビー綿棒

おでかけ用品

チャイルドシート
マザーズバッグ

寝具・ベッド用品

ベビー布団 1式
キルティングパッド
タオルケット
赤ちゃん用まくら

おふろ用品

ベビーバス  1
浴用温度計  1
ガーゼハンカチ  10枚ほど
バスタオル  3枚
赤ちゃん用ボディソープ  1
沐浴料  1

出産後に購入した用品

短肌着 3枚 (追加購入)
ロンパース 3枚
乳首(哺乳瓶)  2個
ボトルブラシ
哺乳瓶の乳首用ブラシ
ミルク缶
液体洗剤(哺乳瓶専用)
赤ちゃん用ヘアブラシ
つめきり
ミトン
ベビーロッキングチェア(新生児からお座りができるまで使えるもの)

購入したがあまり必要なかったもの

ツーウェイオール
授乳クッション
マタニティパジャマ
マタニティの服

・必要なかった理由

ツーウェイオールは、4月の下旬に生まれて、その後は暖かい日が多くなり、出番が少なくなりました。おむつ替えにも、足の長さがないロンパースが使いやすいということだったです。

授乳クッションは赤ちゃんが3300gで生まれたので、身体が大きくて授乳クッションはすぐに使わなくなりました。5日ばかり使ったくらいです。※出産直後はあまり使用しませんでしたが、自分で哺乳瓶を持てるようになると、それを背中において飲んでいました。そして1歳過ぎた今は孫が寝るときの枕みたいな感じで愛用しているようです。授乳だけではなく色んな使い道があるようです。

娘の場合は妊娠時にマタニティパジャマは着用していませんので、出産のときの入院時用の2着を最低限、購入しました。普通のパジャマを無理やり来ていました。

マタニティの洋服もほぼ買っていません。仕事で着用するズボンを購入したくらいです。娘が好むマタニティの服がなかったらしいです。妊娠前の服はだいたいオーバーサイズを購入していたので、なんとか着れたようです。ズボンだけはやはりチャックがしまらないので、ズボンは購入しました。

まとめ

とりあえず、たまごクラブの雑誌の付録についていた、“出産準備品リスト”を参考に必要度に応じて基本の部分は出産前に揃えました。

産院から入院準備リストも出産前にいただいたので、それを確認してから購入したものもあります。

そした、母乳だけで足りるならミルク関係のものは要らないだろうと思い、退院する前日くらいに娘に母乳で足りているか聞いて、もうほぼミルクを飲ませているということだったので、私が準備しました。

母親の私がすぐ近くに住んでいますし、(まあ、出産してからは里帰りして家にいるのですが)後で必要な物は私が購入に行けるので、すべてを準備せず、必要なものは後で買い足していくようになるべく無駄がないようにしました。(お金もかかるので。)

あとは4月生まれなので、布団も毛布などは今は購入していません。昼間はタオルケットを使用しているようです。

あとはベビーカーだったり、抱っこ紐だったりは必要な時がきたら購入をすると娘たちは言っていました。

私がアドバイスをするなら、一度にたくさん揃えずに、御祝などでもらうこともあるので、出産、退院するときに最低限必要なものを準備して、様子をみながら必要になったときに購入した方がいいのではないかと思います。

 

お問い合わせ

【成人式】レンタル振袖はいつから準備する?

今年、娘は成人式でした。

コロナウイルス感染症の影響で、いつもは市全体で成人式が行われていましたが、中学校ごとの地域で各中学校の体育館や施設で行われることになりました。

‎そして式にはマスク着用、受付で体温を測るなどの対応がとられました。 同窓会などももちろん中止です。 残念ですが、成人式が行われただけでも良かったと思います。‎

‎話を戻します。 女の子をもつ親なら成人が近づいてくると振袖のことを考えなくてはいけません。‎

レンタルがいいのか、購入がいいのか、いくらかかるのかなどなどわからない事ばかりです。

私の娘の場合ですが、どういうふうにレンタルの振袖を決めたかを書きますので、少しでも参考になればと思います。

いつから準備をしたか

我が家では最初からレンタルと決めていました。

子供は2人で姉妹ですが見た目、性格、好みも全く違うので購入しても1度しか着ないだろうと思いました。 実は娘には0歳の子供がいて振袖はもう着ないだろうという考えもありました。

それに購入するよりもレンタルが安いだろうという思いもあり、最初からレンタルしようと決めていました。‎保管するのも難しいし、場所とるし、レンタルが楽かなという考えです。

本格的に探しはじめたのはちょうど成人式の1年前です。

その前から、いつも出掛けるショッピングモールに呉服屋さんや振袖のレンタルショップがあったので、カタログなどは収集して参考にはしていました。

どうやって決めたか

成人式の日にテレビのニュースで見てそろそろ決めないといけないと思い、成人式が終わってすぐまずネットで検索しました。

‎自宅にもその頃から郵便で振袖のDMが届きはじめましたが、いまいち知らないところは怖いし、近年では振袖に関わる大きな事件もありましたし慎重にしないといけないと思い結構ネットで調べました。 口コミや歴史(長年あるお店か)、値段、どんなサービスがついているかなどについてです。‎

自宅近くにも呉服屋さんはあったのですが、敷居が高そうでなんとなく行けませんでした。

‎結局は、最初に行った振袖レンタルショップ、『ふりそでMODE』というところです。 ネットでも見ることができますが、パンフレットにたくさんの振袖のコーディネートが掲載されていて、個性があるものから、定番もあり、かわいいものもありパンフレットを見てまずお店に行ってみようかとなりました。‎

結局、最悪の場合も考えないといけないから慎重に決めようと思っていたのですが、最初に行ったふりそでMODEでほぼその日の内に振袖を決めてしまいました。

スタッフの方も女性の方ばかりでしたし、若い方が多くて気さくな感じで私的にはすごく好印象でした。

 

ご参考までに『ふりそでMODE』のリンクです。

https://www.weddingbox.co.jp/

費用はいくらかかるか

‎それこそピンキリです。 私は10万~20万円で抑えたかったのですが、トータル36万円ほどかかってしまいました・・・。‎

最初に気に入った振袖がやはりいいようで結局値段が高い振袖になってしまいした。

‎でも自分で用意するものは髪飾りだけであとは何の準備もいりませんでした。

そして前撮りの写真アルバム代前撮りの着付けヘアメイク成人式の当日の着付けヘアメイクまでセット価格です。‎

帯や小物はセット料金に含まれているものと、ちょっといいものになると別料金がかかりました。

‎契約をすると割とすぐに支払いをしないといけないのがちょっと心配でした。 多分、3月ころに全額支払いをしたと思います。‎

無事に成人式を迎えることができてホッとしています。

 

まとめ

成人式の1年前から準備をしましたが、間に合わないことはないですが、時間の余裕はあった方がいいですね。

‎料金ももう少し抑えたかったような気もしますし、結構焦って決めた感じはあります。 時間を少しかけて決めればよかったとちょっと反省です。‎

‎結論は、『ふりそでMODE』でしてよかったです。 振袖のレンタルから写真も着付けもヘアメイクも全て一括で契約できるし、振袖も今どきのかわいいのがありましたし満足です。‎

‎次女もここでレンタルをしようと思っています。 次回はちょっと余裕をもってじっくりと検討して契約したいと思います。

今はインターネットでたくさんの情報が集められるので、自分に合った振袖を見つけることができそうですね。

 

お問い合わせ

    1歳までの主な行事のまとめ

    私の孫がこの世に誕生して、1年が過ぎました。早いもので今では走り回って、元気に遊びまわっています。

    さて、子どもが誕生するとつぎつぎと行事が入ってきます。

    出産後は少し落ち着いてきたら今後の行事の予定をだいたい見据えておかないといけません。

    出産後はどんな行事があるのでしょうか。

    お七夜と命名式

    時期:誕生後7日目の夜

    子供が生まれてから7日目の夜をお七夜と言います。お七夜には,その日までに考えておいた名前を子供に命名し、手形をとったりして、家族やお世話になった方たちで祝い膳を囲んでお祝いするならわしがあります。
    実際には、7日目というと母子が退院したばかりのころ。大勢の方を招いてもてなすのは無理があり、母子の健康上、あまり好ましくないようにも思えます。(私がその立場だったらやっぱりきついかな。いやむしろしなくていいかも)

    子供の誕生に夫婦ふたりで祝杯をあげるか、それぞれの親を招いて内々で祝う程度でいいと思います。日取りも7日目にこだわる必要はなく、落ち着いたころに行うのがいいでしょう。

    もし、ある程度の人数を招く必要がある場合は、母子に負担を与えないよう、もう少し日にちが経ってからお披露目するほうがいいでしょうね。

    命名式のことをいろいろ調べていたら、今は命名式の台紙がかわいいのがいろいろあるんですね!!

    命名の台紙だけ、キャラクターの台紙、赤ちゃんの名前入り、写真入り記念品など、インターネットで調べると、たくさん出てきます。命名書には名前を代筆してくれるサービスのところもあるし、額縁入りなど種類も豊富です。

    私は孫に、記念に命名書のディズニーバージョンをネットで購入して娘たちにプレゼントをしました。

    お宮参り

    時期:誕生後1ケ月

    お宮参りは「初宮参り」とも呼ばれ、赤ちゃんが生まれてから初めて宮(=神社)に参り、健康と長寿を祈願する行事です。住んでいる土地を守る神様に祈願するということで、お参りには地元の神社へ行きます。
    お宮参りをするタイミングは、 正式に、男の子は31日目、女の子は33日目です。しかし、ちょうどその日に家族の予定が合うとも限りませんし、産後は何かと忙しくなるので、現代では生後一か月頃を目安にお参りに行くというケースが多いです。
    また、スケジュール的にどうしても一ヶ月頃には難しい!ということもあるかと思います。そういう場合には、都合がいい日を選んで行きましょう!!

    服装は

    ご両親や祖父母の服装は、よくあるフォーマルな恰好をしていれば問題ありません。和服を着る場合もありますが、最近では準備のしやすいスーツやブラウスであることが多いです。一つ注意点として、あくまで赤ちゃんが主役であるため、派手な色は避けるようにしましょう。
    赤ちゃんの服装に関しては、肌着の上に一ツ身という祝い着をかけます。赤ちゃんが着るのではなく、赤ちゃんと抱っこしているお母さんを包むようにして、背中あたりを紐で結びます。
    また、ベビードレスというお洋服を着せるケースもあります。お宮参りの時期のサイズに作られたドレスで、こちらは実際に赤ちゃんに着せます。
    これらの衣装ですが、お家にない場合は購入するか、レンタルをする必要があります。今は、写真館などで衣装をレンタルすることもできますね。

     ちなみに私(お宮参りをする子からして祖母)の場合は、昨年、5月の下旬だったのですが、晴れていてものすごく暑かったので、(マスクもしていました)動きやすいセットアップを着ていきました。それもかしこまった感じではなく、普段着よりもちょっと正装した感じです。

    お食い初め

    時期:誕生後100日後

    古くは平安時代から行われている歴史ある伝統行事です。一生食べることに困らないように、と赤ちゃんの健やかな成長を願います。祖父母や親せきの中で長寿の人が箸をとり、食べさせるマネをします。

    お膳は赤飯、お頭付きの鯛の焼き物、煮物、香の物に吸い物の一汁三菜をそれぞれ器に盛るのが正式です。

    お食い初めのお膳も、今は料理も器もすべてセットになっているサービスがあります。インターネットで検索してみて下さい。

    サンリオのお食い初めセットもありましたよ。ちょっと高いですが、ベルメゾンのディズニーのお食い初めセットもすごくかわいいです。

    かしこまった感じではなく、そういうカジュアルにできる感じもいいですね。今の現代に合っていると思います。

    これは娘たちとのタイミングが合わなくて、私たちは参加できませんでした。

    初節句

    時期:誕生後初めての節句 

    男児は55日 女児は33

    初節句は子どもの成長を祝福し、将来の幸せを祈るお祝いです。

    男の子は5月5日の端午の節句に鯉のぼりを立てたり、5月人形や鎧兜などを飾りお祝いをします。親族を呼んでホームパーティをします。地域によっては長男の時などは盛大にされることもあるようです。

    今は鯉のぼりを立てるところは少ないと思います。部屋に飾れるかわいい鯉のぼりグッズたくさんありますよね。

    娘たちはアパートに住んでいて、飾る場所もないので、孫には部屋に飾れるコンパクトなケース入りの節句の飾りをおくりました。小さめの鯉のぼりと兜の飾りでえす。

    女の子は3月3日、桃の節句に行います。ひな人形、桃の花を飾り男の子と同様、親族などを呼び、ホームパーティをします。ひな人形も今はコンパクトに飾れるタイプが主流でしょうね。ひな人形も種類も豊富でかわいいのが本当にたくさんありますよね。

    餠ふみ

    時期:誕生から1年(1歳の誕生日)

    赤ちゃんが満1歳を迎えた時に誕生日を祝う行事です。

    行事の内容は地方によって違いがあるようです。

    例えば、餅を踏ませる餅踏みや筆やそろばんなどを置きどれをとるかで子どもの将来を占う風があり,誕生前に歩き出す子には一升餅を背負わせ倒すなどの風習もあります。

    準備するものに一升餅があります。

    【一升餅とは?】
    一升餅の”一升”と、お子様のこれからの”一生”をかけて、

    一生食べ物に困らないように
    これからの一生が健やかになるように

    などの願いを込めたお祝いです。

    この一升餅は近所のお菓子屋や和菓子屋、お餅屋などで販売されていると思います。インターネットでも購入できます。

    まとめ

    世間は新型コロナウイルスの影響で、混乱が続き、いろんなことが自粛モードです。

    行事は小人数の家族だけで家の中でもできることもあるので、できる限りはしてあげたいと思っています。現代は核家族も多いですし、私たち祖父母はまだ40代半ばでもありますので、盛大にすることはもともと望んでいませんし、家族の中でやっていくことで十分ではないかと考えています。

    実際、集まって行事をしたのは、娘夫婦と孫と、娘婿の親と私達家族(私と夫と次女)くらいです。

    インターネットで情報もたくさん収集でき、物もインターネットで購入できる世の中なので、昔の伝統も守りつつ、現代にあったそれぞれの考え方で行事なども臨機応変に対応していきたいですね。

    お問い合わせ

      【出産後の手続き】娘の代理(母)で出生届を提出 必要なものは?

      昨年の春、コロナウイルス感染症が日本全国で緊急事態宣言中に生まれた孫。病院にも行けず会えたのは退院してからでした。

      19歳で出産をした娘はまだまだ世の中の事を何も知りません。妊娠から出産まで手続きのことは私がいろいろしてあげました。

      出産してからもそれは私の役割です。

      まず子どもが生まれたら手続きすること

      出産育児一時金

      ・出生届

      ・児童手当金

      ・健康保険の加入

      ・子ども医療助成

      娘の夫は当時20歳。娘と同じでまだ世間のことは何も知らないし、そして仕事もしていましたので、代わりに祖母の私が出生届を出しに行くことにしました。

      今回は、出生届、児童手当、子ども医療助成の手続きの流れ等、私が実際手続きに行き経験したことをご説明したいと思います。

      準備しておくこと

      前準備として、私も仕事をしてるので、何回も足を運ぶのは大変なので、必要な書類等を調べました。

      ※提出する市役所のホームページで「出生届」を検索して、持っていくものなどは調べていました。

      娘が退院をして、その時に出生の証明書と出生届(一体)の用紙を産院から頂きました。

      左側が出産をした病院が出産を証明する出生証明書になっています。

      この用紙の右側が出生届となっていて、子の名を記入し、そして父、母が記入する欄があります。世帯主を記入する欄もありました。昨晩、娘の夫もいたので、一緒に調べながら記入をしました。

      記載例がないのでこの書類だけ渡されてもなかなか書き方がわからない・・・。筆頭者が手続きに行ければ、窓口で聞いてその場で、訂正もできるのですが行けるのは私だけなので、ネットで調べてなるべく訂正がないように慎重に書きました。

      そして、出産後6日目に住民票がある市役所にいきました。

      出生届に必要なもの

      ・出生届書 1通 (届出人の署名押印されたもの)
      ※出生届書(右側の出生証明書部分を記載してあるもの)は病院等で交付されます。

      ・届出人の印鑑
      ※代理の方がお越しの場合は代理人の印鑑が必要です。

      ・母子健康手帳

       

      出生届に持って行ったものは以上です。

       

      何度も見返して確認をしましたが、やはり訂正がありました。その時には届出人の印鑑を押して訂正ができます。なので、代理で行かれる場合は必ず届出人の印鑑を借りてから行ってください。(※訂正がある場合は印鑑で訂正ができるからです。)

      窓口で出生届を出して、母子手帳を一緒に預けます。しばらくすると、手続きが完了し、母子手帳にも出生の証明がされました。これで戸籍登録が完了です。

      児童手当の申請

      出生届を提出した窓口で続けて児童手当の申請をしました。

      窓口で案内をされるので、私(代理人)が記入してよいということだったので、その場で私が全て記入しました。

      ただ、児童手当の申請は、振込口座の情報が必要で、そこまで聞いてきていればよかったのですが、私は残念ながら口座までは確認してなかったので、そこの部分だけ空けて、提出をしました。後日で大丈夫ということでした。振込の口座情報を聞いていればここで完結していたのですが・・・。

      例えば、児童手当の振込は、私の孫の例でいくと、4月生まれなので、5月分から支給が始まり、6月には5,6月分がまとめて振込開始だそうです。

      ちなみに児童手当は2月、6月、10月に4ケ月分がまとめて指定した振込口座に入金されます。

      児童手当の申請に必要なもの

      ・産まれた子の父、母、子の個人情報・・・住所、生年月日、保険(国保、健保)の種類等

      ・児童手当を振り込む口座の情報

      子ども医療費受給資格登録

      子どもも医療費の助成制度です。

      この制度の内容は自治体によって医療費の負担金額や助成される年齢などが違います。

      この手続きは、子どもの保険証ができたら手続きに来てくださいとのことでした。

      ちなみに、生まれた子どもは娘の健康保険に加入するので、市役所での国民保険の手続きはしていません。勤め先の会社で手続きをしてもらいます。

      まとめ

      出生届は出生の日から14日以内に届け出をしないといけません。出産前に誰が行くか決めておくと出産後スムーズにいきそうですね。

      そして今はインターネットで簡単にいろんな情報がわかるので、前もっていろいろ調べて、出産後やることを明確にしておきましょう。

      出生届の手続きに行くと児童手当の申請や健康保険のことなど、窓口で案内していただけるとおもうので、代理で行かれる方は子どもの両親の情報は詳しく聞いて控えて行きましょう。

       

      お問い合わせ

        子どものお祝い行事【餅踏み】とは何をするの?

        子どもが生まれたら、たくさんの行事があります。

        わが孫の餅ふみを来月に控え、改めて

        『餅ふみ』って何をすればいいのかな?

        何を準備したらいいのかな?

        などめったにないお祝い事でもありますので、よく覚えていませんよね。私も13年前に自分の子共の時にしたはずなのですが、あまり覚えていません。その子供にとっては一生に一度の餅ふみです。もう一度『餅ふみ』とはどういうことをするのか取り上げて確認をしていきたいと思います。

         

        餠踏みとは

        餅踏みは子供の初めての誕生日に行う行事のひとつです。

        子供の成長を祝うために行われるもので、赤ちゃんにわらじを履かせ、一升餅という大きな餅の上に立たせるのが基本です。餅踏みのほかにも、背負餅や一升餅など地域ごとにさまざまなものがあります。

        全国的には背負い餅という「子供に餅を背負わせる」ことが多いのですが、九州地方では「子供に餅を踏ませる」、つまり餅踏みが行われることが多いです。

        私は九州在住ですが、『餅踏み』を行います。

        地域によっては餅を抱かせるところもあります。

        餅踏みのやり方は、地域ごとに受け継がれてきたものがあります。その地域に伝わる本格的なやり方については、祖父母や地域の年配の方、先輩ママなど、実際にその地域で餅踏みを行ってきた人に聞いてみましょう。

        一升もちとは

        餅踏みや踏み餅と呼ばれる行事で使う餅のことを一升餅といいます。一升分のお米から作られた丸い餅です。

        餅を踏むお祝い方法そのものを、一升餅と呼ぶこともあります。ちなみに、一升と一生をかけて「一生食べ物に困らないように」という由来があるといわれています。そのほかにも「足が丈夫になるように」「一生健康であるように」といった意味も込められているとされます。

        丸形の一升餅には、本来「円満な人生を送れるように」という意味もあるのですが、最近では丸型以外にかわいいハート型の一升餅を使うこともあります。

        このお餅はネットでも購入できますし、私の近所では和菓子屋でも予約をすれば購入することができます。

        そして、餅踏を踏む時のわらじも準備します。これもネットで購入することができます。

        選び取りで将来を占う

        選び取りというお子さんの将来を占う行事もあります。
        これは、下記にある様なモノをお子さんの前にならべ、どれを取るかで その子の将来を占うというものです。

        一般的には、

        そろばん(電卓)・・・商人向き?!計算が得意。

        お財布・お金・・・お金持ち、お金に困らない。

        ・・・芸術・物書きの才能、勉学の道に進む。

        定規・・・几帳面、しっかりもの。

        ハサミ・・・手先が器用。

        辞書・・・成績優秀になる。

        上記などを準備して将来を占ってみましょう!

         

        最近では、

        風船・・・世界に羽ばたく、世界に通用する。

        ボール等・・・スポーツ選手、運動神経抜群。

        などを使用することもあります。要するになんでもよさそうですね。

        お祝い金の相場は?

        金額にかなり幅があります。

        行事がある度にお金はいくらしたらいいか悩みますよね。このような機会に、親戚縁者で一律いくら、この場合はおおよそこのくらいの金額で、など決められてはいかがでしょうか。お金の話はしにくいとは思いますが・・・。

        【お祝い 現金の場合】

        赤ちゃんの祖父母 1万円~2万円
        赤ちゃんのおじ・おば 3千円~2万円
        赤ちゃんの両親の親戚 3千円~1万円
        赤ちゃんの両親の友人・知人 3千円~1万円

         

        【お祝い 品物の場合】

        赤ちゃんの祖父母 1万円~2万円
        赤ちゃんのおじ・おば兄弟姉妹 3千円~2万円
        赤ちゃんの両親の親戚 3千円~1万円
        赤ちゃんの両親の友人・知人 3千円~1万

        相場はあってないようなものです。各地方、各家庭、親戚の間でかなり幅があると思われます。

        まとめ

        どうでしたか?きちっと決まったものはありませんでしたね。

        参加者も私達は、娘夫婦と孫。そして両家の親家族くらいでするそうです。参加者もそれぞれだと思います。

        各地域の風習、しきたりなどで違いがありますので、やはり自分より上の方祖父母や親せきの方等に相談をしてアドバイスを頂いたほうがよさそうです。

        今は核家族でもありますし、いろんなやり方があると思うので、聞き取りをして、前準備をしておくといいですね。

         

         

        【お問い合わせ】

          【男の子の初節句】人形は?鯉のぼりは?お祝いは?

          春になり、5月の節句が近づいてきました。私には昨年の春に初孫が生れ、今年初節句をすると娘から連絡がありました。
          あ、またお金がいるなと率直に思ってしまいました。孫はかわいいですが、出産前から出産後と本当にお金が要ります。
          初孫の初節句。私たち祖父母はいったいいくらお祝い金を用意したらいいのか。また五月人形や鯉のぼりは誰が用意するのかなどリサーチしました。

          男の子の節句とは

          現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

          江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。

          鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

          現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

          初節句とは

          男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。

          お祝いの仕方

          端午の節句のお祝いは、本来5月5日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いをしてもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。ごちそうは、鯉や栗、それにちまきや柏もちがつきものです。

          初節句の五月人形・鯉のぼりは誰が買うのか?

          五月人形で祝う。という風習は、地域によって多少異なるようなのです。

          日本全域がすべて共通という事は、無いようですのでここでは極一般的な文章を記載させていただきます。

          誰がお祝いを贈るかには、諸説があるようで、「女の子の初節句は妻の実家が雛飾りを、男の子の初節句は夫の実家が鎧飾りや五月人形を贈る」という場合もありますが、「性別にかかわらず、妻の実家が雛飾りや鎧飾りなどを贈る」とされる場合もあります。

          一般的には、妻側の実家(祖父母)が贈るというのが多いようです。

          しかしながら現代では、あまり風習にこだわることなく、両家の事情や気持ちに応じて行えばいいでしょう。

          最近は住まいが狭いなどで、外に大きな鯉のぼりをあげる、大きな五月人形を飾るのも場所がないなどで、室内に飾るコンパクトなものが好まれるのではないでしょうか。現に娘はアパートに住んでいるので、ガラスケースに入った人形でさえ飾るところがないので、とりあえず節句に関連する小さな飾りものでいいというリクエストをもらいました。

          今はディズニーとかキャラクターのかわいいものがありますよね。コンパクトな飾りもあるのでそういうのもいいかなと考えています。

          お祝いはいくらすればいいの?

          初節句のお祝いは、5,000~30万円までと幅があり、相場があってないようなものです。

          一般的には次の通りです。

          初節句のお祝い金相場

          ・祖父母 50,000円~300,000円
          ・親戚・兄弟 5,000円~10,000円
          ・友人・知人 3,000円~5,000円

          祖父母の5万円~30万円とはびっくりですね!!

          我が家ではこんな大金払えないですよ(笑)

          理由としては大きな鯉のぼりや鎧飾りを贈る場合は非常に高額になりますし、それ以外の一般的なお祝い品であれば数千円に収まるでしょう。

          一般的には、祖父母は飾りを贈り、親戚などは5,000~10,000円程度のお祝い金を包むとされています。しかし昨今では、住宅事情などから飾りを希望しない家庭も増えています。そのため、あまり神経質に金額にこだわる必要はないと思います。

          まとめ

          とりあえず、室内用の節句の飾りとお祝い金を用意しようと思います。盛大ではなくお互いの家族が集まるくらいですので、飾りとお祝い金で5万円くらいで納めたいと思っています。孫の母親(娘)はまだ20歳。私達親は40代半ば。嫁いだ先も同じような感じです。両家お互いにまだまだ子育て中で、子供にもお金がかかる環境です。なので、今はやはりまだ余裕がないので仕方ありません。50万円も出せる人がいるなんて今の私からしたら、ちょっと考えられません。

          一般的な相場を書きましたが、本当に近年、家庭は様々です。コロナ禍でもあり、経済も不安定な状況でもありますので、各々の家庭の状況ですればいいのかなと思います。考え方も様々ですので、相手側の事を考えながらしないといけないので難しいと思いますが・・・。

          孫のイベントごとは、私達は娘を通して相手方のお母さんと打ち合わせをしながら決めています。勝手にはお互いにしないように気を付けながらしています。相手方は母親だけですので話しやすいのは話しやすいです。年が近い女同士ですので、話がまとまり易い感じです(笑)。私の主人は孫の事とかは、私に任せてくれていますので口出しもしないので楽です。

          みなさんも無理なさらない程度で初節句を迎えて下さい!!

           

          【お問い合わせ】

            【パート勤務】出産手当金「いつ」「いくら」もらえる?

            私の娘のことですが、先日待ちに待った、出産手当金の支給決定通知書が届きました。

            まだ20歳になったばかりの娘は貯金もありませんし、娘の月々の支払い(自動車保険や自動車のローン等)の足りない分は私が補填していました。なので早く出産手当金が振り込まれてほしいと思っていました。

            ネットで調べるていると出産から早くて3ケ月後とみかけることが多くて、長いと4~5ケ月という書き込みをみました。遅い、遅すぎると不安のなか、ようやく決定通知書が届いたと娘から連絡がありました。

            出産から申請までどれくらいの期間で、いくら振り込まれたのかみてみましょう。

            出産手当金について

            出産手当金とは

            出産のために会社を休み、給与の支払いが受けられない場合に健康保険から支給される手当金のことです。

            支給対象者は

            支給の対象者は、出産日前42日(双子以上の多胎であれば出産日前98日)から出産の翌日以後56日までの範囲に会社を休んだ健康保険加入者です。この期間に休んだ日数分が支給対象です。※健康保険加入者でないなら、支給されません。

            支給額(計算方法)

            ・1日あたりの金額 

            支給開始日以前の継続した12ケ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日☓3分の2

            ・出産手当金

            対象期間☓1日あたりの金額=支給金額

            出産から申請・振込までの期間

            出産は4月21日です。

            申請したのは会社から書類が届いてすぐ出しました。5月の10日~15日の間くらいだったと思います。

            振込日は7月6日でした。

            出産日から振込みまでは2ケ月半ですね。まあまあ早かったのかなと思います。

            金額はいくら?

            自分で、計算方法に当てはめて計算するか、もしくはネットでも簡単にシュミレーションができ、いくらもらえるかすぐわかります。

            現に私も計算式に当てはめて計算しましたが、若干数字が違ってました。ネットでしてみたら決定通知書通りでした・・・。

            標準報酬月額:142000円 支給期間:98日 支給額:約308994円

            自分で計算するよりもシュミレーションに入力した方が確実で、しかも早いですね。

            標準報酬月額出産予定日or出産日(出産まだの人は予定日、出産された方は出産日)、それがわかればすぐ計算ができます。

            ちなみに標準報酬月額は下記リンクを参考にしてみて下さい。私の娘は全国健康保険協会(協会けんぽ)の被保険者なので協会けんぽより振込がありました。

            https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1962-231/

            (協会けんぽHPより)

            ちなみに、娘はパートですが、勤務時間が長いので社会保険がありました。パートなのでもちろん時給で働いた分だけです。妊娠中は具合が悪く、休む日も多く早退もして、給与は本当に少ない月も多々ありました。そんな中でも社会保険料はⅠ年間変わらず天引きされます。手取りは少なくなりますが、出産手当金は標準報酬月額で計算されるので、今となっては良かったと思います。

            ただ、この後の給付予定の育児休業給付金は少なくなると思いますがそれは仕方ないですね・・・。

            まとめ

             

            出産手当金の給付対象者は、会社の健康保険の被保険者(本人加入)であれば、正社員である必要はありません。アルバイト、パート、契約社員でも会社の健康保険の被保険であれば給付対象です。

            出産手当金がいつ振り込まれるかは会社の提出次第でしょうか。または、健康保険の手続きをされるところの処理状況も関係あるかもしれません。

            娘が勤務している会社は社員数も多く、総務課もあります。妊娠中から出産までの育休や給付金など細かくサポートやアドバイスを頂きました。きっと書類も早く提出してくださったのだと思います。いつ振り込まれるのか気になる方は、おしえてくださるかどうかはわかりませんが、会社(申請をされるところ)に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

            給付される時期ははっきりわかりませんが、長期化されるのを前提に、お金が入ってこない時期の分の準備が必要ですね。

            金額は、ネットで『出産』『給付金』『シュミレーション』など検索したらいくつかでてきますのでお試し下さい。

            次は出産休業給付金が支給されるので、また追ってお知らせいたします。

            お問い合わせ

              【しまむらバースディ】で購入可愛くて安いたまご型ベビーマット

              先日、しまむらグループの「バースディ」に初めて行きました。前回も紹介しましたが、品ぞろえが豊富です。そんな中で私が孫の為に購入したものがあります。たまご型のベビーマットです。正式な商品名はわからないのですが、こういうのです。

              なぜこれを購入したかというと、リビングにいるときに、ベビー布団はちょっと部屋の広さ的に邪魔になってしまう。普段はベビーラック的なものに乗せているのですが、おむつを替えたり、お昼ねをしたりするのに楕円形の形のマットを探していました。

              ネットでもあるのですが、値段が5千円以上とかになるともったいなくてなかなか買えませんでした。

              しかし!「バースディ」に行くとベビーマット的なものがたくさんあるではないですか。長方形もありました。でも、このたまご型の形もかわいいし、掛布団的なものに雲のイラストもかわいい。

              そして値段が安い!!これも正式な値段は忘れてしまいましたが、1500円くらいでした。まあ、しばらくの間、使うのにはちょうどいいかな。すぐ大きくなり使えなくなるでしょうから。

              こんな感じでファスナーがついていてで外すこともできます。ちょっと肌寒い日には掛布団をかけてあげると周りはファスナーなので筒状になり手足が外にはみ出ることはありません。今はもう暑いので、マットだけを使っています。

              ※まくらは別売りです。

              サイズは約73☓53センチです。マットは少し厚みもあります。ペラペラ薄くはないです。

              本当にこういうの探していたので大満足です。ただマットはカバーはついていないので、汚れたときは困りますね。汗もかきますし。タオルなどをひいて使ったらいいかもしれませんね。

              品数は本当にたくさんあるので、また次回行った時にはじっくり見て、他の店舗にはないようなものを探したいともいます。

               

              お問い合わせ

                【祖父母からみた初孫のお宮参り】について誰が決める?流れは?服装は?

                初孫のお宮参りですが、どうしていいか全くわからず、ネットでもいろいろ調べながら行いました。
                わが家のお宮参りの場合ですが少しでも参考になればと思い私たちはこうしましたという事をを書きたいと思います。

                私と夫、相手方の親御さんも40代半ば。娘夫婦は20歳、21歳。赤ちゃんは男の子。

                お宮参りとは

                お宮参りとは、初宮詣(はつみやもうで)ともいい、住む土地の氏神様に赤ちゃん誕生のご報告と健やかな成長を祈願する、誕生はじめての行事です。
                お宮参りの時期は、男の子は生後31日目、女の子は33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
                また、寒冷地の真冬や、猛暑厳しい真夏にお生まれになった場合は気候穏やかな季節にずらしたりもします。
                必ずしも日数を守る必要はありません。
                赤ちゃんの体調もあるでしょうし、母親の体調も考慮して行うといいでしょうね。

                誰が仕切る?夫側?妻側の両親?子の親?

                私もこれは悩みました。そもそも、私は娘を嫁がせたので、夫側の親御さんにすべて仕切ってもらうほうがいいのかなとも考えました。ネットでいくつか調べてみましたが、夫側のご両親が仕切る事が多いみたいですね。でも両家の考え方の違いなどあるようで、どちらがということでもないようです。両家が話し合ってとかもありましたが、なかなか難しいところですよね・・・。
                本人たち(赤ちゃんの親)が仕切ってくれるのが一番いいのですが。私の娘夫婦はまだ20歳そこら・・・。結局、何もわからないからとなんでも相談されてしまう始末でした。いろいろアドバイスをしていましたが、結局、娘の夫側の親御さんが段取りはしてくださったので助かりました。もちろんこちらに日時や大まかなことは相談してもらいながら計画をしました。

                神社へ予約の問い合わせ等もあちら側の親御さんがしてくれました。

                お宮参りの参加者

                お宮参りの参加者は誰と行くのでしょうか?
                一般的には、赤ちゃん、父母、祖父母でしょうか。
                昔のお宮参りは赤ちゃんの父親と父方の祖父母でお参りするものでした。
                昔は、お産は赤不浄(あかふじょう)で、穢れ(けがれ)とされており、穢れのある時は神域である神社への立ち入りができないとされており、産後間もない母親を気遣い、参加できなかったのです。
                赤不浄とは・・・出血を伴う出産や月経を穢れ(けがれ)としていました。
                しかし現代では双方の祖父母が参加したり、両親の兄弟も参加したりする家族が集まるイベントという感じで、両家揃ってのお宮参りが多いのではないでしょうか。

                わが家でも、赤ちゃん、娘夫婦、それぞれの両親と、私には中学生の子がいますのでその子も参加させました。

                お宮参りの赤ちゃんを抱っこする人

                一般的には子の父親側の母親かなと私は思っていました。
                わが家ではなぜか私(赤ちゃんの母親の母)が抱っこしました。相手側のお母さんがそう言われるので、遠慮なく抱っこはしたのですが、途中からは赤ちゃんがぐずったりするので、娘がずっと抱っこしていました(笑)。

                こんな感じで、まあ誰でもいいのかなと思いました。もちろん相手側の親御さんとの関係を悪くしない程度で、赤ちゃんを抱っこしたらいいのかなと思います。

                神社に支払うお金は?

                神社に払うお金は初穂料または玉串料と呼ばれ、5,000円~10,000円が相場です。今回は娘の夫の親御さんが支払われました。おそらく5,000円だと思います。

                服装について

                パパは、ほとんどの方がスーツで参加します。ママは着物、スーツ、ワンピースなどさまざま。赤ちゃんには祝い着と呼ばれる衣装(産着、初着、掛け着とも)やベビードレスを着せるのが一般的です。

                ・赤ちゃんの服装

                白羽二重に祝い着がしきたりですが、現在はベビードレスの上に祝い着を着せたり、ベビードレスのみで参加したりすることが多いようです。

                祝い着は着せるというよりも、赤ちゃんを抱き、抱いた人の上から掛けて使用するものです。赤ちゃんの首の後ろに掛け、抱いた人の肩と脇にひもを通して首の後ろで結びます。

                男の子の祝い着の色は黒、グレー、青、白。柄は鷹や兜、龍が一般的のようです。

                女の子の祝い着の色はピンク・赤・黄色・水色で、柄は鞠や鈴、花車がおすすめです。

                わが家の孫は男の子で、衣装は相手方のお母さんのお知り合いから借りました。セレモニードレスにグレーっぽい色の祝い着でした。

                ・お宮参りの両親・祖父母の服装

                服装にも厳格な決まりはありませんが、赤ちゃんの服装の格に合わせ、神様に失礼のない服装を選ばなければなりません。
                現にお宮参りに行った時には、案内看板に“おはらいは正装でお願いします”というようなものが入り口にありました。

                体に負担をかけず、着心地が良くて見栄えにもこだわりたいならワンピースがいいと思います。娘も最初は黒のワンピースを切る予定でしたが、似合わないと言い出し、白っぽいシャツと黒のプリーツスカートを着用しました。

                セレモニースーツなどもいいと思います。

                赤ちゃんの父親は、スーツでした。

                私は黒のセレモニーワンピースのようなものを着ました。相手側もそうでした。
                私の夫はスーツです。

                がちがちの正装ではなかったのですが、ある程度の品格をもてる服装でいきました。ただこの日はとても暑かったので私の夫は、クールビズのような感じにはなりました。

                お宮参り当日の流れ

                お宮参りでは、神社で祝詞(のりと)をあげておはらいしてもらうことができます。

                一日の流れは、まずお宮参りを行い、その後に記念撮影やお食事会を開催するのが一般的でしょうか。
                赤ちゃんと、母親の体調もあるかと思います。

                わが家では

                ① まず参拝
                ② おはらいの受付をする
                ③ 祝詞をあげておはらいをしてももらう
                ④ 神社で記念撮影

                神社で行ったのは以上です。

                食事会は?記念写真は?

                コロナウイルス感染拡大の状況でしたので、お宮参りの後の食事会は辞めておきましょうということも両家で話し合って決めました。次回の行事の時に状況が良ければ行うようにしました。
                相手方の親御さんが食事会ができないならと、仕出し屋からお弁当やお酒を用意してくれていました。これは知らなかったのですが、心遣いに感謝しました。
                記念写真は神社で写真を撮っただけで、写真館に行って写真を撮ることまではしませんでした。

                まとめ

                いかがでしたか?
                結局、昔みたいなしきたり通りではなくていいということですね。
                双方の家族が話し合って決める事が1番いいのでしょうが、相手方の考えが違っていたりしたらもめますよね(笑)

                お宮参りでは、お金を私たちは出していませんが、衣装は夫側のお母さんが借りて下さったので、その衣装を借りた方へのお礼は私のほうでしようと思っています。

                お互いが譲るところは譲り、話し合いをしながら決めていくのが大事なのかなと思いました。

                私は娘を嫁がせたので、なるべく相手側の方に合わせるようにしています。あまり自分の気持ちを強調しないように(笑)。娘もお姑さんとは今のところは仲がいいので、よく話はしているようです。なので、決めているのはお姑さんと娘夫婦中心という事ですね。お姑さんが案を出して、娘夫婦たちがそれでいいという感じで進んだみたいです。

                これからの行事もおそらくこんな感じで決まっていくと思います。

                 

                お問い合わせ

                  ママ必見!しまむら【バースデイ】ベビーから子供まで豊富な品ぞろえ

                  先日、しまむらグループのベビー・トドラー用品の専門店「バースデイ」が近所にオープンしたので行ってみました。

                  「バースデイ」の公式ウェブサイトには“出産から子育てまで満足感をもって利用できる店舗を目指しております。”とありますが、どのようなグッズがあるのかオープンセールもあってますし、娘がおむつを買いたいからというので、私も一緒に行ってみることにしました。

                  しまむらグループの「バースデイ」どんなお店?

                  プチプラでおなじみの“ファッションセンターしまむら”こと、しまむらグループのお店です。

                  日本全国に297店舗あります。おそらく47都道府県にお店はあります。詳細はバースデイのホームページで店舗情報が確認できます。

                  ファッションセンターしまむらが全国に1432店舗ですが、バースデイは297店舗なのでしまむらに比べたら店舗数は少ないです。

                  ≪参考≫

                  店舗数(しまむらグループ)
                  しまむら:1,432店舗
                  アベイル: 319店舗
                  バースデイ: 297店舗
                  シャンブル: 93店舗
                  ディバロ: 17店舗

                  主にベビーから子供までの衣料品やグッズ、おもちゃなどが多種多様、販売されています。

                  どんな商品があるの?

                  新生児・乳児

                  新生児の肌着・服・小物・雑貨・食事用品・衛生雑貨・ベビーカー・チャイルドシート・抱っこ紐・寝具・室内用品

                  マタニティ

                  マタニティインナー・マタニティ用品

                  ベビー(80~95センチ)

                  子供服・肌着・パジャマ・服飾雑貨・生活用品

                  キッズ・ジュニア(100~150センチ)

                  子供服・肌着・パジャマ・服飾雑貨・通園/通学用品・生活用品

                  オンラインはあるの?

                  残念ながらオンラインはないようです。店舗での購入しかできません。

                  現金以外の支払い方法は?

                  クレジットカード(翌月1回払い)、しまむらグループ共通商品券、しまむら商品券、バースデイ商品券、シャンブル商品券・株主お買い物券でのお支払いが可能。

                  ご利用可能なカード会社は下記となります。(カード裏面にご署名のあるカードのみご利用いただけます)
                  VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERS・UC・UFJ・NICOS・Orico

                  ポイントカードについて

                  ポイントカードがあります。レジでお伺いがあり、これからも利用するので、娘はバースデイのポイントカードを作っていました。

                  実際にいってみた感想

                  私が行ったお店はまだオープンしたばかりで、店内も広くて様々な商品がたくさんありました。

                  出産準備もここだけでそろえることができると思います。孫はもう生まれてしまいましたが、出産前に「バースデー」があったらここでほぼ全部購入したと思います。それくらい品揃えはすごいです。実店舗ではないからインターネットで購入したベビーラック&ロッキングチェアも欲しいデザインのが実店舗ではなくて、インターネットでも売切れていたりしてやっとみつけて購入したのに、バースデーにいくとあるではないですか!!しかも見たことないかわいい他デザインも多数ある💦

                  赤ちゃん用品に関しては、本当に種類がたくさんあり、洋服や、寝具関係もかわいいものが多い。おもちゃもたくさんありました。(赤ちゃんのところだけを見て回ったので、赤ちゃんのとこだけの感想ですみません)

                  気になるお値段も安いと思います。大好きなディズニーもありました。

                   

                  まとめ

                  思っていた以上に品揃えがよくてびっくりです。今までこういうのが欲しいなと思っていても、ネットでも実店舗でも見つけることができず、あっても値段が高かったりするのであきらめていましたが、バースデーに行くと「これ欲しかったやつ!しかも安い!!」という商品がたくさんありました。

                  赤ちゃん子供関係はここで本当にそろえることができると思います。感動すらおぼえました。ぜひ子育てママは行って欲しいです。おすすめです!!

                   

                  お問い合わせ